近鉄奈良駅から徒歩 15 分ほどのならまち地区にある「元興寺(がんごうじ)」は,蘇我馬子飛鳥に建立した日本最初の本格的伽藍である法興寺(飛鳥寺)が,平城遷都にともなって平城京内に移転した寺院です。1998年には東大寺や春日大社,唐招提寺,薬師寺,興福寺などとあわせて『古都奈良の文化財』として世界遺産に登録されました。

「世界遺産・元興寺」
世界遺産・元興寺_edit

「史跡元興寺塔阯」
史跡元興寺塔阯_edit

「東門」
東門 1_edit

「極楽堂」
極楽堂 1_edit

「夜間拝観」
日本仏教はじまりの寺である元興寺では,毎年秋になると秋の夜を満喫する催しとして,一般拝観終了後に特別に夜間拝観を行っており,日中とは違う情景を味わうことができます。境内のライトアップが行われるほか,普段は非公開の国宝・禅室の一部の扉が開扉され,秘蔵の大作品が展示されます(展示作品は屋外から鑑賞)。
東門 2_edit

「極楽堂」
極楽堂 3_edit

極楽堂 5_edit

極楽堂 11_edit

極楽堂 8_edit

極楽堂 9_edit

「仏足石」
仏足石_edit

「浮図田」
浮図田 1_edit

浮図田 2_edit

「禅室」
禅室 3_edit

禅室 4_edit

禅室 5_edit

「弁天社」
弁天社_edit

奈良県奈良市中院町 11