食で奏でる旅の記憶

 ~徒然なる食と旅の備忘録~

タグ:美術館

東急田園都市線桜新町駅の南側一帯は,当地域に漫画『サザエさん』の原作者・長谷川町子氏が居住していた縁から,町内の各所にサザエさんの銅像が設置され,また公共スペースのあちこちにサザエさんのイラストが施されるなど “サザエさんの町” として親しまれています。  ...

パイオニア・コートハウス・スクエアから南西に 2 ブロックのサウス・パーク・ブロックス South Park Blocks は,SW Salmon Street から南へと続く “緑の芝生と木々の回廊” です。一帯はカルチャー・ディストリクトで,美術館や歴史博物館が建ち並んでいます。「South Park ...

倉敷美観地区の一角をなす大原美術館は,1930年に倉敷の実業家・大原孫三郎が開館した日本最初の西洋美術・近代美術中心の私立美術館です。美術館の中核をなす,エル・グレコ,ゴーギャン,モネ,マティス等のヨーロッパ美術作品は,孫三郎がパトロンとして支援していた洋画家 ...

1987年(昭和62年)に開館した湯木美術館は,高級日本料理店「吉兆」創業者の湯木貞一氏が収集した,茶の湯の道具を中心とした美術工芸品の収蔵・展示を目的とした美術館です。湯木貞一は日本料理を文化として総合芸術の域にまで高めたとされる人物で,同時に茶道にも造詣が ...

うろこの家は明治38年(1905年)に旧居留地に外国人向けの高級借家として建設され,その後現在の地に移築されました。ドイツ人R・ハリヤー氏の住居であったため,旧ハリヤー邸とも呼ばれますが,「うろこの家」という通称のほうが一般的となっています。「うろこの家」外壁を ...

・・・昨日の続き「展示室」ピカソ 『The Orator』モネ 『Waves Breaking』モネ 『The Gorge at Varengeville』ルノアール 『母と子』ロートレック 『Madame Aline Gibert』マネ 『婦人用帽子屋にて』ファンタン・ラトゥール『Still Life with Pink and White Stock』ジャン ...

リンカーンパークの丘の上にある「リージョン・オブ・オナー美術館 Legion of Honor」は,ゴールデンゲート・ブリッジと太平洋を望む絶好のロケーションにあります。レンブラント,マネ,ドガ,ゴッホ,ロートレック,ラ・トゥールなど,ヨーロッパを代表する芸術家の作品が ...

1990年に北鎌倉に開館した葉祥明美術館には,高名な絵本作家・葉祥明氏の初期の作品から水彩画・油彩画・デッサンなどの原画が展示されています。ここでは美しい原画の数々を鑑賞しながら,疲れた心と身体を癒す安らぎのひと時を過ごすことができます。「葉祥明美術館」「館 ...

「ハンティントン・ライブラリー The Huntington Library」は,パサデナの南のサンマリノ San Marino に位置する教育研究機関です。もともとは鉄道王といわれた実業家ヘンリー・ハンティントンの広大な邸宅だった建物ですが,現在は図書館,美術館,植物園として解放されて ...

ゲッティ・センターの Arrival Plaza から階段を上がったところにゲッティ美術館のエントランスホールがあります。「ゲッティ美術館 Getty Museum」はエントランスホールを含めて 5 つのパビリオンとホールで構成されており,コレクションは絵画,彫刻から家具や装飾品まで ...

島根県の県庁所在地である松江市は,松江藩の城下町を中心に発展してきた山陰地方の中心都市です。東京からは飛行機で米子空港までは 1 時間15分,出雲空港までは 1 時間25分で到着します。市街地は宍道湖から中海に注ぐ大橋川によって南北に二分され,北側が橋北,南側が橋 ...

鎌倉は源頼朝によって鎌倉幕府が置かれた町であり,鎌倉時代には日本の政治において最も重要な位置のひとつを占めていました。独自の文化を生み出してきた「武家の古都・鎌倉」は,近代に入ってから鎌倉文士と呼ばれる作家,美術家などの文化人が集まり住み,また幾つかのド ...

シアトル・ダウンタウンの東部にあるキャピトルヒル Capitol Hill のシンボルとも言えるのが,このボランティア・パーク Volunteer Park です。「ボランティア・パーク Volunteer Park」園内にはシアトル・アジア美術館 Seattle Asian Art Museum があり,その正面には黒い ...

「シアトル美術館 Seattle Art Museum」は,元々はアジア美術中心でしたが,その後,アメリカン,アフリカン,ヨーロッパ,オセアニアとコレクションが増えていきました。「シアトル美術館」「ハンマリング・マン Hammerring Man」美術館の前にはハンマーを振り下ろす巨大 ...

↑このページのトップヘ