食で奏でる旅の記憶

 ~徒然なる食と旅の備忘録~

タグ:犬山

名鉄犬山駅から歩いて15分ほどのところにある「国宝犬山城」は,木曽川のほとりの小高い丘の上に築かれた平山城で,現在は天守のみが現存しています。室町時代の天文 6 年(1537),織田信康(織田信長の叔父)により築城され,その天守は現存する日本最古の様式です。天守が ...

三光稲荷神社は針綱神社と同じく,犬山城の南の登城入り口近くに位置する歴史ある神社です。創建時期は不明で,かつては犬山城主織田信康の保護を受けていたとされています。山頂には犬山城があり,江戸時代以降は犬山城主成瀬氏の守護神とされています。猿田彦大神を祀る猿 ...

犬山城の南の登城入り口近くにある「針綱神社」は,安産,子授け,八方除,厄除,長寿の神として犬山のみならず全国各地から広く崇敬される濃尾の総鎮守で,犬山城の守護神でもあります。「針綱神社」「鳥居」「そり橋」「手水舎」「境内」「二の鳥居」「三の鳥居」「石段」 ...

犬山市は愛知県北西部の木曽川が濃尾平野へと注ぎ出る場所にあり,木曽川を隔てて岐阜県と隣接しています。戦国時代には合戦の舞台となり,江戸時代には城下町として発展し,古くから交通や物流,政治の要所として栄えてきました。今でもその歴史の足跡が多く残されており, ...

↑このページのトップヘ