食で奏でる旅の記憶

 ~徒然なる食と旅の備忘録~

タグ:愛知県

地元では親しみを込めて ‟熱田さん” と呼ばれる「熱田神宮」は,三種の神器の 1 つ草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社として知られています。2013年に創祀1900年の慶節を迎えた熱田の杜は,今も古来より変わらぬ厳かで神聖な雰囲気に包まれています。「正門・第一鳥居」 ...

「鳥開総本家」は名古屋コーチンを使った焼き鳥や手羽先唐揚げ,親子丼などが人気の鶏専門店で,名古屋市内を中心にチェーン展開しています。「鳥開総本家 名駅南店」「鳥開サラダ(ハーフサイズ)」「コーチン三種盛(胸,皮,もも)」「もも肉」「胸肉」「皮」「コーチン ...

・・・昨日の続き「大天守閣」「金鯱」地下1階には実物大の金のシャチホコが鎮座しています。「黄金水井戸 木枠」大天守閣の東北角にあった井戸の模型です。底に純金が敷き詰められ,黄金水と呼ばれていたそうです。「御用部屋」「本丸御殿対面所」「祝膳復元」「女乗物」「 ...

関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康は,清州から新城下への町移転(清州越し)と名古屋城の築城を決定しました。1612年に完成した名古屋城には尾張初代藩主として家康の九男・義直が入城し,以降,徳川家の居城として利用されました。日本三名城のひとつにも数えられ,シンボル ...

ほかの都市にはない独特の食文化を築き上げてきた名古屋には,名古屋めしと呼ばれる名物料理がいくつかあります。その中のひとつ ‟きしめん” は幅が広い平らなうどんで,油揚げなどの具や,ネギ,削り節をのせるのが一般的です。名古屋駅新幹線ホームにある「名代きしめん ...

愛知県の県庁所在地・名古屋へは,東京から新幹線で約 1 時間40分で行くことができます。名古屋の歴史は,関ヶ原の戦いで天下の実権を握った徳川家康が,1610年に清州から町ごと移転させた“清州越し” に始まります。その後,名古屋は徳川御三家筆頭の城下町として尾張藩の ...

↑このページのトップヘ