食で奏でる旅の記憶

 ~徒然なる食と旅の備忘録~

タグ:シドニー

ハイドパークの東に威風堂々と佇む「セントメリーズ大聖堂 St Mary's Cathedral」は,ローマ・カトリックの大聖堂です。歴代のシドニー大主教はここで教会の職務を遂行しており、オーストラリアにおけるカトリックの中心として知られています。「セントメリーズ大聖堂 St Ma ...

“シティ City” の東に位置する「ハイドパーク Hyde Park」は,16万平方メートルの敷地を持つオーストラリア最古の公園です。元々は競馬場として造られ,1810年に最初のレースが行われました。現在は市民の憩いの場として親しまれている緑豊かな公園ですが,Part St. をは ...

"シティ City” の東にあるマックォリー通り Macquarie St. は,オペラハウスからハイドパークまでを南北に縦断する通りです。通り沿いには植民地時代に建造されたバラックスや旧造幣局のほか,州立図書館や州議事堂,シドニー病院といった歴史的建築物が立ち並び,観光 ...

「鼎泰豊(ディンタイフォン)」は,1993年1月にアメリカ合衆国の『ニューヨーク・タイムズ』紙で「世界の10大レストラン」のひとつに選出されたのをきっかけに,一躍世界的な知名度となった上海料理レストランです。1996年に海外第一号店が新宿にオープンして以来,日本国内 ...

福岡市に本店をおく「博多 一風堂」は,言わずと知れた豚骨ラーメンの人気チェーン店です。1985年10月16日に福岡市中央区大名で創業して以来,福岡から関西圏,首都圏,東北,北海道と日本全国に広がり,今ではニューヨークやロンドン,パリ,シドニー,台湾,シンガポール, ...

シドニーの中心地 "シティ City” にはジョージ通り George St を中心に大手デパートや巨大ショッピング・モールなどが数多く建ち並んでいます。ブランドショップや専門店からレストラン,映画などすべてがそろっているため,買い物スポットとしてのみならず,レジャー ...

"シティ City” の中心部を南北に縦断するジョージ通り George St. は,オーストラリアの有名ブランドからルイ・ヴィトンなどの世界的有名ブランドまでが所狭しと並んでおり,シドニーで最も賑わう通りです。「Grosvenor St と George St の交差点」「George St と Bridge ...

サーキュラー・キーから南のセントラル駅までの約 3 km に及ぶエリアは,ビジネス中心区(Central Business District, CBD)と呼ばれ,大手会社の本社や金融機関が集まるシドニーの政治と経済の中心です。単に “シティ City” と呼ばれることも多く,シドニーを象徴するシド ...

「メッシーナ MESSINA」は,シドニー No.1 ジェラートの呼び声も高いジェラート専門店です。昔ながらの製法にこだわり,添加物や保存料を一切使用していないその味は瞬く間に評判となり,2002年にダーリングハーストで第 1 号店をオープンして以来,現在はシドニーだけでも ...

・・・昨日の続き「ファーム湾」植物園からはファーム湾を一望することができます。「モレトンベイ・フィグツリーMoreton Bay Fig Tree」イチジクの巨木です。ファーム湾を囲むように遊歩道が続いています。ファーム湾の向こうにはオペラハウスとハーバーブリッジがみえます ...

オペラハウスの東側,シドニーの中心部に位置する「王立植物園 Royal Botanic Garden」は,30万平方メートルの広大な敷地を持つオーストラリア最古の植物園です。元々は開拓時代に移民たちが本国から持ってきた野菜や植物を植えるために耕し始めた農園で,現在は世界中から ...

オーストラリア国内に店舗展開している「バーガープロジェクト Burger Project」は,“Fast food slow food values” をモットーとしたハンバーガー専門店です。ハンバーガーのパテは,ホルモンや抗生物質を一切使わずに育てた 36ヶ月 Cape Grim grass-fed beef をお店でミ ...

2017 年 6 月から 1 年間,「オペラハウス Sydney Opera House」で毎日日没と午後 7 時の 2 回,先住民アボリジニのアーティストの作品を映し出すプロジェクション・マッピング “ Badu Gili ” が披露されていました。Badu Gili とはアボリジニの部族であるガディガル族 ...

シドニーを象徴する建築物といえば,世界的に有名な歌劇場・コンサートホール・劇場でもある「オペラハウス Sydney Opera House」です。20世紀を代表する近代建築物で,2007年には世界で最も建造年代が新しい世界遺産にも登録されました。貝殻(シェル)をいくつも重ねたよ ...

上海料理レストラン「鼎泰豊(ディンタイフォン)」は,1993年1月,アメリカ合衆国の『ニューヨーク・タイムズ』紙で「世界の10大レストラン」のひとつに選出されたのをきっかけに一躍世界的な知名度となりました。1996年,海外第一号店として新宿にオープンして以来,日本国 ...

シドニー湾に面するシドニー・コーブ(入り江)沿いのエリア一帯は「サーキュラー・キー Circular Quay」と呼ばれ,鉄道やバスなどの交通の要所であると同時に,フェリーやクルーズ船が発着する海の玄関口となっています。オペラ・ハウスやハーバー・ブリッジといった有名観光 ...

オペラ・ハウスと並ぶシドニーを象徴する建築物といえば,シドニー湾を南北に繋ぐ「ハーバー・ブリッジ Sydney Harbour Bridge」です。橋の両端には巨大な石造りの支柱(パイロン)がそびえ立ち,ここを支えにして鉄のアーチをかけ橋げたを吊り下げており,その美しく描かれ ...

ロックスの George St 沿いにある「フィリップス・フート Phillip's Foote」は,自分でお肉を焼くスタイルのステーキレストランです。「フィリップス・フート」元々は船乗りたちを相手にしたバーだったため,店構えはレトロな雰囲気の英国風パブになっています。入口のパブ ...

ロックスの George St 沿いにある「ティー・コジー The Tea Cosy」は,英国式アフタヌーンティーと出来立てのスコーンが楽しめる人気のカフェです。「ティー・コジー The Tea Cosy」こちらのカウンターで注文します。「Garden Courtyard」テーブルの上には網掛けのニットが ...

「ロックス The Rocks 」の目抜き通りとなる George Street の北端,Playfair Street の交差点付近では,週末になるとマーケットが開催され地元の人のみならず多くの観光客で賑わいます。毎週金曜日は新鮮な食品やチョコレートなどの嗜好品が出店される “The Rocks Friday ...

ロックスの Argyle St の坂の途中にある「ラ・ルネッサンス・パティスリー・アンド・カフェ La Renaissance Patisserie and Cafe」は,フランス風のケーキやパンなどが食べられる人気のカフェで,ロックスのほかに Waterloo にもお店を構えています。「ラ・ルネッサンス・パ ...

イギリス移民が最初に入植してオーストラリア開拓を始めたシドニー最古の街「ロックス The Rocks」には,開拓時代を思い起こさせる石造りの建物や倉庫,石畳の小路など雰囲気のある場所が残っており,その裏道を巡るとタイムトリップをしたかのような感覚を味わうことができ ...

ロックス地区にある「パンケーキ・オン・ザ・ロックス Pancakes On The Rocks」は,創業以来,地元の人に親しまれている 24 時間営業のパンケーキ専門店です。朝食時や昼時は行列ができることもしばしばです。「パンケーキ・オン・ザ・ロックス」「Short Stack」素材を生か ...

・・・昨日の続き「プレイフェア通り Playfair St」ロックスを象徴するレンガ造りのテラスハウスに石畳が続く小道で,いつも大勢の人でにぎわっています。「クロックタワー」「アーガイル通り Argyle St」「グロスター通り Gloucester St」「Australian Heritage Hotel」「 ...

サーキュラー・キーの西側に広がる「ロックス The Rocks」は,イギリス移民が最初に入植してオーストラリア開拓を始めたシドニー最古の街で,オーストラリア発祥の地と呼ばれています。今でも開拓時代を思い起こさせる石造りの建物や倉庫,石畳の細い路地などが残ってり,シ ...

↑このページのトップヘ