鶴ヶ城の本丸内に,会津に逃れた千利休の子・少庵ゆかりの「茶室 麟閣」があります。天正19年(1591年),豊臣秀吉の逆鱗にふれ切腹を命じられた千利休が自害すると,千利休の茶道が途絶えることを惜しんだ会津領主・蒲生氏郷が,利休の子・少庵を会津にかくまい,秀吉に千家再興を願い出ました。「麟閣」は少庵が会津にかくまわれていた時に,氏郷のために建てた茶室と伝えられています。その後,京都に戻った少庵は再び茶道に励み,その子孫に引き継がれた千家茶道は『表千家』『裏千家』『武者小路千家』の 3つの千家に分かれ,現在まで連綿と続いています。

「表門」
表門_edit

「扁額」
扁額_edit

「園路図」
園路図_edit

「寄付」
寄付 1_edit

寄付 2_edit

「中門(ちゅうもん)」
中門 1_edit

中門 2_edit

「腰掛待合」
腰掛待合 1_edit

腰掛待合 2_edit

「つくばい」
つくばい_edit

「茶室 麟閣」
茶室 麟閣 1_edit

茶室 麟閣 2_edit

茶室 麟閣 5_edit

茶室 麟閣 7_edit

「間取図」
間取図_edit

「茶道三千家 系譜」
茶道三千家 系譜_edit

「躙口」
躙口_edit

園内 3_edit

園内 4_edit

「森川家ゆかりの牡丹」
森川家ゆかりの牡丹 1_edit

「お茶席」
お茶席_edit

「裏門」
裏門 1_edit

福島県会津若松市追手町 1-1