・・・昨日の続き

「ウォンバットの聖地」
ウォンバットの聖地
五月山動物園」には最高齢のワイン(♂)を筆頭に,フク(♂),マル(♀),コウ(♂),ユキ(♀)の 5 頭のウォンバットが暮らしていましたが,2019年12月21日にマルが 3 歳の若さで永眠してしまいました。亡くなる約 2 週間前に実施された12月の体重測定の結果は 14.5kg でした。
世界有数のウォンバットの聖地_edit

おうちの地図_edit

「マルの献花台」
2020年 1月 5日までマルの放飼場の前には献花台が設置され,多くのお花やメッセージで埋め尽くされていました。
マルの献花台 1_edit

マルの献花台 8_edit

「追悼ウォンバットのマル」
2015年12月生まれのマル(♀)は,2017年にオーストラリア・タスマニア島のトロワナ・ワイルド・ライフパークからコウ,ユキとともに来日し,フクのお嫁さん候補として五月山動物園で元気に暮らしていました。日本で過ごしたのはわずか 2 年でしたが,その人懐っこくて愛らしい姿は多くの人々の心を癒してきました。
マルの紹介_edit

マルの放飼場には,マルが掘った大きな巣穴が残っています。
マルの放飼場 7_edit

フクの放飼場沿いは通称“マル・ロード” と呼ばれていました。マルが日常的にランニングしていたため,草が生えていません。
マルの放飼場 10_edit

マル 20_edit

マル 34_edit

マル 51_edit

マル 57_edit

マル 2_edit

部屋の入口で眠たそうです。
マル 5_edit

エサの入ったバットで寝ることも多かったです。
マル 6_edit

マル 10_edit

マル 15_edit

マル 18_edit

マル 19_edit

マル 25_edit

マル 17_edit

マル 26_edit

マル 30_edit

マル 32_edit

マル 35_edit

マル 36_edit

マル 38_edit

マル 42_edit

マル 44_edit

マル 46_edit

マル 48_edit

部屋にたくさん巣穴を掘りました。
マル 51_edit

マル 22_edit

マル 58_edit

マル 61_edit

マル 63_edit

マル 65_edit

マル 68_edit

マル 69_edit

お庭にも大きな巣穴を作っていました。
マル 72_edit

マル 75_edit

マル 74_edit

飼育員室のドアの前もお気に入りの場所でした。
マル 78_edit

マル 79_edit

マル 90_edit

マル 86_edit

マル 80_edit

時々,フクの放飼場でもお散歩していました。
マル 2(フクの庭)_edit

マル 3(フクの庭)_edit

マル 5(フクの庭)_edit

マル 7(フクの庭)_edit

マル8(フクの庭)_edit

「マル&ワイン」
隣りの放飼場にいるワインは,いつもマルのことを気にかけていました。
ワイン&マル 4_edit

ワイン&マル 2_edit

ワイン&マル 13_edit

「マル&フク」
フクはマルのことが大好きでした。
フク&マル 6_edit

フク&マル 9_edit

フク&マル 16_edit

フク&マル 20_edit

フク&マル 23_edit

「ありがとうマル Farewell Massage
日本に来てくれてありがとう・・・マルのことは一生忘れません。
Thank you for coming to Japan...  I will never forget you.

追悼:マル 2
【これまでの訪問履歴】







大阪府池田市綾羽 2-5-33