サウスブリスベンのブリスベン川沿いにある「クイーンズランド博物館 Queensland Museum」は,自然と科学に関する資料を集めた博物館で,その展示は恐竜の骨格標本,オーストラリアの動物たちの剝製,実物大のザトウクジラの模型など多岐にわたります。

「クイーンズランド博物館」
クイーンズランド博物館 2_edit

クイーンズランド博物館 6_edit

館内 5_edit

館内 1_edit

「スペースシャトル」
スペースシャトル 3_edit

「アジェナ標的機」
アジェナ標的機 3_edit

アジェナ標的機 2_edit

「シロアリ塚」
シロアリ塚 4_edit

シロアリ塚 3_edit

シロアリ塚 2_edit

「オーストラリアコウイカ」
オーストラリアコウイカ 4_edit

「ソデイカ」
ソデイカ 2_edit

「ダイオウイカ」
ダイオウイカ 4_edit

「タイパン」
タイパン 2_edit

タイパン 3_edit

Lost Creatures
Lost Creatures_edit

「プリオサウルスの椎骨の化石」
プリオサウルスの椎骨の化石 2_edit

「現生種のウォンバットの骨格標本」
現生種のウォンバットの骨格標本_edit

「ジャイアント・ウォンバットと現生種のウォンバットの比較」
ジャイアント・ウォンバットと現生種のウォンバットの比較_edit

「ディプロトドンの骨格標本」
ディプロトドンは,かつてオーストラリア大陸に生息していた有袋類で,頭胴長約 3.3m,肩高約 2 m の大型の植物食哺乳類です。しばしば “サイ程に巨大化したウォンバット” と称され,姿かたちは現世のウォンバットを大きくしたような感じです。ディプロトドン科から樹上での生活に適した形態に進化したものがコアラ,地表での生活に適した形態に進化したものがウォンバットと考えられています。
ディプロトドンの骨格標本 2_edit

ディプロトドンの骨格標本とホコ_edit

ディプロトドンの骨格標本 5_edit

「ディプロトドンの頭部の一部(臼歯付き)」
ディプロトドンの頭部の一部(臼歯付き) 2_edit

「ディプロトドンの下顎」
ディプロトドンの下顎_edit

「ディプロトドンの頭部」
ディプロトドンの頭部_edit

「カンガルーの骨格標本」
カンガルーの骨格標本_edit

「ムッタブラサウルス」
ムッタブラサウルス 6_edit

ムッタブラサウルス 9_edit

ムッタブラサウルス 4_edit

Compare their size
Compare their size 2_edit

Compare their size 3_edit

「フクロオオカミ,ティラコレオ,ジャイアント・デビル」
フクロオオカミ,ティラコレオ,ジャイアント・デビル 1_edit

Track Markers
Track Markers 1_edit

「翼竜」
翼竜 2_edit

Siderops kehli
Siderops kehli 1_edit

「クンバラサウルス」
クンバラサウルス 2_edit

「ロエトサウルス」
ロエトサウルス 1_edit
明日へ続く・・・

Grey St & Melbourne St., South Brisbane QLD 4101, Australia