阪急宝塚線池田駅から徒歩 15 分ほどの五月山公園の一角にある五月山動物園」は日本国内で飼育されている 7 頭のウォンバットのうち 5 頭が暮らしていることから,ウォンバットの聖地と呼ばれています(他は茶臼山動物園(長野市)に 2 頭)。その歴史は 1990 年に姉妹都市ローンセストン市オーストラリア・タスマニア州)から贈られた 3 頭のウォンバットから始まり,1992 年には世界で 2 例目となる飼育下での繁殖に成功しました。入園料は無料で,池田市民はもちろんのこと近隣市町村からも多くの人が訪れ,みんなに親しまれています。

「五月山動物園」
五月山動物園 2_edit

ひよこちゃん vs ウォンバット_edit

「ウォンバット」
ウォンバットはオーストラリアの固有種で,カンガルーのように袋の中で赤ちゃんを育てる有袋類です。ずんぐりとした体付きと短い足でちょこちょこと内股で歩くその愛らしい姿は,動くぬいぐるみとも称されます。とても人懐っこく,飼育下では人に良く馴れ,人との接触を好みます。五月山動物園には,ワイン(♂),マル(♀),フク(♂),コウ(♂),ユキ(♀)の 5 頭のウォンバットが暮らしています。
ウォンバットの顔出しパネル_edit

世界有数のウォンバットの聖地_edit

「放飼場」
放飼場 2_edit

「ワイン」
1989年 1月生まれのワイン(♂)は国内最高齢のウォンバットです。1990年にオーストラリア・タスマニア島のトロワナ・ワイルド・ライフパークからやってきました。クリっとしたまん丸の目が特徴です。
ワイン 2_edit

ワイン 5_edit

ワイン 8_edit

ワイン 13_edit

ワイン 19_edit

ワイン 20_edit

ワイン 25_edit

ワイン 26_edit

ワイン 32_edit

ワイン 37_edit

ワイン 39_edit

「フク」
2004年生まれのフク(♂)は,2007年にオーストラリアのドリームワールドからやってきました。
フク 11_edit

フク 13_edit

フク 17_edit

フク 19_edit

フク 21_edit

フク 23_edit

フク 29_edit

フク 33_edit

フク 31_edit

フク 40_edit

「ユキ」
2016年生まれのユキは,右の前脚が手袋をしているかのように白いのが特徴です。2017年にオーストラリア・タスマニア島のトロワナ・ワイルドライフパークからマル,コウとともに五月山にやってきました。
ユキ 3_edit

自らが掘った穴に入っていきます。
ユキ 4_edit

ユキ 5_edit

ユキ 7_edit

穴から顔だけ出しています。
ユキ 8_edit

ユキ 9_edit

ユキ 13_edit

ユキ 23_edit

ユキ 27_edit

ユキ 30_edit

ユキ 34_edit

ユキ 44_edit

ユキ 47_edit

コウ
ユキと同じ 2016年生まれのコウは,2017年にオーストラリア・タスマニア島のトロワナ・ワイルドライフパークからマル,ユキとともに五月山にやってきました。
コウ 1_edit

コウ 6_edit

コウ 8_edit

コウ 12_edit

コウ 16_edit

コウ 24_edit

コウ 33_edit

隣りのワラビー舎に入りたがっています。
コウ 36_edit

夕方の閉園間際に,隣のワラビー舎に入れてもらえました。
コウ 47_edit

コウ 49_edit

コウ 46_edit

コウ 42_edit

コウ 44_edit

「アップル・ランド」
アップル・ランド 2_edit

「ティアの剥製」
ティアは1990年にオーストラリア・タスマニア島からワイン,ワンダーとともに日本にやってきました。
ティアの剝製 1_edit

「ワンダーの剝製&骨格標本」
日本最高齢夫婦(ワイン&ワンダー)のウォンバットとして元気に暮らしていたワンダー(♀・28歳)は 2017年11月25日に永眠しました。
ワンダーの剝製&骨格標本 1_edit

ワンダーの剝製_edit

「観光案内所」
阪急宝塚線池田駅構内にあり,ワインが出迎えてくれます。
Guest Information 1_edit

「アヤハの剝製」
アヤハは2007年にフクとともにやってきました。
アヤハの剥製 2_edit

【これまでの訪問履歴】




大阪府池田市綾羽 2-5-33