六本木駅(都営大江戸線,東京メトロ日比谷線)から歩いて 2 分ほどの路地裏に,隠れ家の如くひっそりと佇む鮨の名店「鮨 海界」があります。北海道出身の店主・西崎祐樹氏は,北海道洞爺湖ウィンザーホテルや札幌の名店「鮨 田なべ」で修業を重ねた方で,2017年 9月に六本木の地で独立を果たしました。店名の “海界” とは,古代『海の神の国』と『人の国』を隔てると信じられていた境界線のことで,まさに六本木の喧騒と鮨の世界とを隔てる結界のようなお店です。

「鮨 海界」
店頭 4_edit

店頭 5_edit

店内 2_edit

テーブルセッティング_edit

「ハマグリとアオサのスープ」
水を一滴も使わずに作られたスープは,ハマグリのエッセンスが濃厚に凝縮されています。
ハマグリとアオサのスープ 2_edit

「鰹の漬けのたたき」
卵黄とニンニク醤油を合わせたものがかけられています。
鰹の漬けのたたき 2_edit

「煮ダコ」
昆布塩とワサビでいただきます。
煮ダコ 1_edit

「サメガレイの焼き物,マグロの山椒煮,葉ワサビ漬け」
サメガレイの焼き物,マグロの山椒煮,葉ワサビ漬け 2_edit

サメガレイの焼き物,マグロの山椒煮,葉ワサビ漬け 1_edit

「ホタルイカとイカの口の焼き物」
添えられているのは辛子酢味噌です。
ホタルイカとイカの口の焼き物 1_edit

「あん肝」
あん肝の下にはあん肝のペースト(あん肝とあん肝の炊き汁を合わせて裏ごししたもの)が敷かれています。
あん肝 1_edit

「白魚と青のりの茶碗蒸し,カラスミ添え」
白魚と青のりの茶碗蒸し,カラスミ添え 2_edit

「ガリ」
ガリ 2_edit

「甘鯛」
甘鯛_edit

「白エビ(富山県)」
上にはエビ塩が添えられています。
白エビ_edit

「金目鯛(千葉県・勝浦)」
金目鯛_edit

「マグロ赤身(和歌山県・勝浦)」
マグロの赤身 1_edit

「マグロの中トロ(和歌山県・勝浦)」
マグロの中トロ_edit

「コハダ」
コハダ 2_edit

「毛蟹・ウニ」
上からウニがかけられています。
毛蟹 2_edit

毛蟹 4_edit

「ホッキガイ」
ホッキガイ_edit

「ノドグロ(長崎県)」
ノドグロ_edit

「バフンウニ(北海道・根室)の手巻き」
バフンウニの手巻き 2_edit

「穴子」
穴子_edit

「玉子」
玉子 1_edit

「味噌汁」
魚のアラで出汁をとっています。
味噌汁 4_edit

東京都港区六本木 7-9-6 1F