門前仲町駅(東京メトロ東西線,都営大江戸線)から歩いて 5 分ほどのところにある「トリュフベーカリー」は,高級輸入食材を扱う会社が 2017年12月にオープンさせたパン屋さんです。“輸入食材の食べ方を広める” をコンセプトに,お店の一押しは店名の通りトリュフを使ったパンで,他にも 22ヶ月熟成の生ハムやオリーブを使ったパンが並びます。

「トリュフベーカリー」
店頭 1_edit

「クロワッサン」
クロワッサン 3_edit

「白トリュフの塩パン」
トリュフバターをパン生地で巻いて焼き,焼き上がったパンの表面にトリュフオイルを塗り,最後に白トリュフの入った塩をまぶしています。
白トリュフの塩パン 2_edit

「メロンパン」
メロンパン 1_edit

「黒トリュフの卵サンド」
黒トリュフの卵サンド 2_edit

「オリーブ」
オリーブ 2_edit

「生ハム&ブリー」
生ハム&ブリー 1_edit

生ハム&ブリー 7_edit

「あまおうデニッシュ」
あまおうデニッシュ 1_edit

「ワンローフ食パン」
ワンローフ食パン 3_edit

「コーヒー」
コーヒー 1_edit

東京都江東区門前仲町 1-15-2