愛知県豊橋市のご当地グルメとして市内の多くのお店で提供されているのが “豊橋カレーうどん” です。「自家製麺を使用する」「器の底から,ご飯,とろろ,カレーうどんの順に入れる」「豊橋産ウズラ卵を入れる」「福神漬または壺漬け紅しょうがを添える」「愛情を持って作る」を 5 箇条とし,その最大の特徴は,どんぶりの底にとろろご飯をよそい,その上からカレーうどんが盛りつけられた二重構造になっている点です。「玉川」は,1909年(明治42年)創業の老舗うどん店で,現在は豊橋広小路本店と蒲郡大塚店の 2 店舗で営業しています。

「玉川 豊橋広小路本店」
JR 東海道本線豊橋駅から歩いて 3 分ほどのところに豊橋広小路本店があります。
店頭 1_edit

「馬刺」
馬刺 2_edit

馬刺 3_edit

「自家製どて煮」
自家製どて煮 2_edit

「豊橋カレーうどんの食べ方」
豊橋カレーうどんの食べ方_edit

「豊橋カレーうどん」
豊橋カレーうどん 1_edit

豊橋カレーうどん 3_edit

豊橋カレーうどん 6_edit

豊橋カレーうどん 8_edit

「パイナップル」
パイナップル_edit

「つぼ漬」
つぼ漬_edit

愛知県豊橋市広小路 1-13