京都市営地下鉄烏丸線北大路駅から歩いて 20分ほど,大徳寺の北側の今宮通と大徳寺通の交差点に焼き菓子とカフェのお店「歩粉」があります。このお店は元々,月替わりのデザートが楽しめるカフェとして東京・恵比寿で営業していましたが,2015年 2月に惜しまれつつ閉店しました。店主の磯谷仁美さんは,地産地消の食文化が根付く街として知られるアメリカ・ポートランドや,カリフォルニア州バークレーにある地産地消をコンセプトとする世界的に有名なオーガニック・レストラン「シェ・パニース Chez Panisse」などでの 3 年半の充電期間を経て,2018年10月,場所を京都に移して「歩粉」を再オープンさせました。

「歩粉(ほこ)」
店頭 2_edit

店頭 5_edit

店内 1_edit

店内 4_edit

メニュー 2_edit

「デザートフルセット(1皿目)」
デザートフルセット(1皿目) 1_edit

「スコーン」
スコーン 1_edit

ホイップクリーム,国産蜂蜜,イチジクジャムをつけていただきます。
ホイップクリーム,国産蜂蜜,イチジクジャム_edit

「豆乳くずもち」
小豆を炊いたものと,杏子のコンポートが添えられています。
豆乳くずもち 3_edit

「エッグクラッカーサンド」
上にはピクルスがのっています。
エッグクラッカーサンド_edit

「デザートフルセット(2皿目)」
デザートフルセット(2皿目)_edit

「りんごクリスマスケーキ」
りんごクリスマスケーキ 3_edit

「スパイス・シフォンケーキ」
スパイス・シフォンケーキ 2_edit

「りんごのコンポート」
りんごのコンポート 2_edit

「チーズのプリン」
ラズベリーアプリコットソースが添えられています。
チーズのプリン 1_edit

「ジンジャーケーキ」
ジンジャーケーキ 4_edit

ジンジャーケーキ 1_edit

「コーヒー」
コーヒー 2_edit

京都市北区紫竹西南町 18