1521年にマゼランがグアム島に到達し,1565年にスペインのレガスピがグアム島に来島してその領有権を宣言して以来,グアムは 300年以上に渡ってスペインによる統治下にありました。ハガニア Hagåtña の街の中心にある「スペイン広場 Plaza de Espanaは,現在はきれいに手入れされた芝生が広がる市民の憩いの場として整備されていますが,かつてのスペイン統治時代にはスペイン総督邸が置かれていました。太平洋戦争により建物の多くは破壊されてしまいましたが,今でも当時の様子を偲ばせることができるような史跡がいくつか残っており,グアムのスペイン統治時代の歴史を探索することができる貴重な場所です。

「スペイン広場」
案内図_edit

スペイン広場 1_edit

「アルマセン(武器庫)」
アルマセン 1_edit

「アルマセン(武器庫)の三連アーチ」
アルマセンの三連アーチ 1_edit

アルマセン(武器庫)の前には大砲のレプリカが設置されています。
大砲 2_edit

アルマセン(武器庫)の敷地内にはサンゴ石の廃材が放置されています。
アルマセン 5_edit

アルマセン 4_edit

「アルマセンのシエスタ小舎」
アルマセンのシエスタ小舎 1_edit

「アルマセンのシエスタ小舎と噴水」
アルマセンのシエスタ小舎と噴水 1_edit

「チョコレート・ハウス」
チョコレート・ハウス 2_edit

「ガーデン・ハウス」
ガーデン・ハウス 3_edit

ガーデン・ハウス 2_edit

「アソテアと総督邸跡」
アソテアと総督邸跡 4_edit

アソテアと総督邸跡 2_edit

アソテアと総督邸跡 7_edit

「モンキーポッド」
スペイン広場にはモンキーポッドの木が数多くみられます。
スペイン広場 2_edit

スペイン広場 3_edit

スペイン広場 4_edit

「キオスコ」
野外音楽堂です。
キオスコ 3_edit

きれいに手入れされた芝生が広がる市民の憩いの場として整備されています。
スペイン広場 6_edit

スペイン広場 5_edit

スペイン広場 7_edit

「GUAMのオブジェ」
インスタ映えの定番スポットです。
GUAMのオブジェ 6_edit

GUAMのオブジェ 7_edit

GUAMのオブジェ 3_edit

「聖母マリア大聖堂」
スペイン広場の隣りには,グアム最古のカトリック教会があります。
聖母マリア大聖堂 2_edit

聖母マリア大聖堂 3_edit

「慰霊碑」
慰霊碑 2_edit

Chalan Santo Papa Juan Pablo Dos
Chalan Santo Papa Juan Pablo Dos_edit


Plaza de España, Hagåtña, Guam 96910, U.S.A
.