山梨県の県庁所在地である甲府市は,周囲を山々に360度囲まれた甲府盆地の中央部に位置し,同県を南北に三日月形に縦断しています。その歴史は,1519年に甲斐国の守護大名・武田信虎が居館を躑躅ヶ崎館(現在,武田神社のある甲府市古府中町)へ移した際に,甲斐国の府中という意味から甲府と命名したことに始まります。以後,戦国時代には武田氏の本拠地となり,武田氏滅亡後は徳川家康が領しました。江戸時代には江戸の西の守りの要として重要しされ,甲州街道の宿場町として栄えてきました。東京(新宿)からは特急列車で約 1 時間 30分で行くことができます。

「JR 甲府駅」
JR 甲府駅 1_edit

「かふふ驛煉瓦ひろば」
かふふ驛煉瓦ひろば 2_edit

かふふ驛煉瓦ひろば 5_edit

「JR 甲府駅構内」
JR 甲府駅 2_edit

JR 甲府駅 3_edit

「JR 甲府駅南口」
JR 甲府駅 5_edit

「武田信玄公之像」
武田信玄公之像 1_edit

武田信玄公之像 4_edit

「山梨県庁」
山梨県庁 1_edit

「甲府市役所」
甲府市役所 2_edit

「山梨県警察本部」
山梨県警察本部 2_edit

「平和通り」
平和通り 1_edit

「舞鶴通り」
舞鶴通り_edit

JR 甲府駅北口
JR 甲府駅北口_edit

「よっちゃばれ広場」
よっちゃばれ広場 1_edit

「甲州夢小路」
JR 甲府駅北口に新たなランドマークとして誕生した甲州夢小路は,小江戸情緒が息づく,明治・大正・昭和初期の甲府城下町を再現したもので,石畳を配した細い路地にはお洒落な店舗が立ち並びます。
甲州夢小路 7_edit

甲州夢小路 1_edit

甲州夢小路 2_edit

甲州夢小路 4_edit

甲州夢小路 3_edit

甲州夢小路 5_edit

甲州夢小路 8_edit

「時の鐘」
時の鐘 2_edit

DSC00480_edit

山梨県甲府市