日本100名城(25番)の一つにも選定されている「甲府城(別名,舞鶴城)」は,甲府盆地の北部,甲府市中心街にほど近い一条小山と呼ばれる丘陵地に築かれた平山城です。武田氏滅亡後に豊臣秀吉の命により築城され,江戸時代に入ってからは徳川家が城主となり,外敵の江戸への侵攻を阻止する城として重要視されました。1705年,柳沢吉保が徳川家以外で初めて城主となって入城した際,城の拡張と修築が行われ城下も整備されましたが,子の柳沢吉里が大和郡山へ転封された後は,幕末まで幕府の直轄領となりました。1868年の戊辰戦争で新政府軍の板垣退助らが無血入城を果たし,1873年に廃城となりました。かつては 20ヘクタールほどの広大な城郭でしたが,廃城後は建物の破却や堀の埋め立てなどが行われ,さらに JR 中央線の開通と甲府駅の開業により城跡は南北に分断されました。現在は,分断された城跡の北側の一部が「甲府市歴史公園」として,南側が「舞鶴城公園」として一般開放されています

甲府市歴史公園
山手御門 1_edit

「堀と土塁」
堀と土塁 1_edit

「土橋」
土橋_edit

「山手門」
山手門 4_edit

山手門 2_edit

「山手渡櫓門」
2007年に復元されました。
山手渡櫓門 7_edit

山手渡櫓門 3_edit

山手渡櫓門 1_edit

石垣 1_edit

「舞鶴城公園」
舞鶴城公園案内図 1_edit

内松陰門
内松陰門 1_edit

DSC00528_edit

DSC00529_edit

「武徳殿」
武徳殿 2_edit

「中の門跡」
中の門跡 1_edit

中の門跡 3_edit

「謝恩碑」
1922年に本丸に建てられました。
謝恩碑 3_edit

鉄門
鉄門 1_edit

鉄門 3_edit

鉄門 5_edit

「銅門跡」
銅門跡_edit

「本丸」
本丸_edit

「天守台」
天守台 1_edit

天守台からは甲府市街を望むことができます。
天守台から甲府市街を望む 1_edit

天守台から甲府市街を望む 4_edit

天守台から甲府市街を望む 5_edit

正面に謝恩碑がみえます。
天守台から甲府市街を望む 7_edit

「明治天皇御登臨之阯」
明治天皇御登臨之阯_edit

「稲荷曲輪」
稲荷曲輪 2_edit

「稲荷曲輪の井戸」
稲荷曲輪の井戸_edit

「稲荷櫓」
2004年に復元されました。
稲荷櫓 2_edit

「広場」
広場 2_edit

「二重の石垣」
二重の石垣 2_edit

稲荷曲輪門
稲荷曲輪門 1_edit

稲荷曲輪門 3_edit

水溜跡
水溜跡 2_edit

「自由広場」
自由広場_edit

「石垣」
石垣_edit

山梨県甲府市丸の内 1-5-4