名古屋市営地下鉄東山線東山公園駅から徒歩 3 分のところにある「東山動植物園」は1937年開園の歴史ある動物園で,年間入場者数,飼育種類数,敷地面積はいずれも日本最大級の規模を誇ります。名古屋市とオーストラリアのシドニーが姉妹都市提携を結んでいる関係から,東山動植物園はシドニー郊外のモスマン市にあるタロンガ動物園 Taronga Zoo」と姉妹動物園提携を結んでおり,これまでに多くのコアラが東山動植物園に贈られています。

「東山動植物園」
東山動植物園 4_edit

「スカイビュートレイン」
スカイビュートレイン 2_edit

「ズーボゲート」
ズーボゲート_edit

「動物会館」
動物会館 2_edit

「インドサイ」
インドサイ 4_edit

インドサイ 8_edit

「アジアゾウ」
アジアゾウ 3_edit

「アクシスジカ」
アクシスジカ 2_edit

「コツメカワウソ」
コツメカワウソ 3_edit

「ソマリノロバ」
ソマリノロバ 2_edit

「ウォンバット Wombat
オーストラリア固有の動物であるウォンバットを飼育していたことでも知られ,日本国内で飼育されている 7 頭のウォンバットのうちの 1 頭(ウォレス ♂)がここ東山動植物園で暮らしていました(他は五月山動物園(大阪府池田市)に 5 頭,茶臼山動物園(長野市)に 1 頭)。2018年 5月28日,茶臼山動物園へお引越ししたために現在はいません。写真は茶臼山動物園へ引っ越す直前の 5月末に撮影したものです。
ウォンバット舎_edit

コモンウォンバット 3_edit

土管 3_edit

「ウォレス」
“土管王子” の異名をもつウォレスは,日中は土管の中で寝て過ごすことが多いです。
ウォレス 2_edit

時間帯によっては,土管の下の穴にもぐっていることもあります。
ウォレス 5_edit

ウォレス 6_edit

「アカカンガルー」
アカカンガルー 2_edit

「古代池」
古代池 2_edit

古代池 1_edit

「チャップマンシマウマ」
チャップマンシマウマ 2_edit

「ライオン」
ライオン 3_edit

「ジャガー」
ジャガー 2_edit

「マヌルネコ」
マヌルネコ 2_edit

「カリフォルニアアシカ」
カリフォルニアアシカ 2_edit

「エミュー」
エミュー 1_edit

「コアラ」
コアラ舎 2_edit

コアラ 2_edit

コアラ 5_edit

コアラ 7_edit

「上池」
上池 2_edit

「コビトカバ」
コビトカバ 4_edit

「クロサイ」
クロサイ 2_edit

「カバ」
カバ 1_edit

「アフリカゾウ」
アフリカゾウ 2_edit

「スマトラオランウータン」
スマトラオランウータン 2_edit

「ニシローランドゴリラ」
ニシローランドゴリラ 7_edit

ニシローランドゴリラ 1_edit

「チンパンジー」
チンパンジー_edit

「スカイタワー」
スカイタワー 4_edit

「アルダブラゾウガメ」
アルダブラゾウガメ 5_edit

「世界のメダカ館」
世界のメダカ館 2_edit

「オオアリクイ」
オオアリクイ 2_edit

「カピバラ」
カピバラ 2_edit

「アメリカバイソン」
アメリカバイソン 3_edit

「トナカイ」
トナカイ 3_edit

「カナダヤマアラシ」
カナダヤマアラシ 1_edit

カナダヤマアラシ 2_edit

「オグロプレーリードッグ」
オグロプレーリードッグ 14_edit

オグロプレーリードッグ 10_edit

愛知県名古屋市千種区東山元町 3-70