阪急宝塚線池田駅から徒歩 15 分ほどの五月山公園の一角に,オーストラリア固有の動物であるウォンバットを飼育していることで知られる五月山動物園」があります。現在,日本国内で飼育されている 7 頭のウォンバットのうち,5 頭がここ五月山動物園で暮らしていることから(他は茶臼山動物園(長野市)に 2 頭),ウォンバットの聖地とも呼ばれています。その歴史は 1990 年に姉妹都市ローンセストン市オーストラリア・タスマニア州)から贈られた 3 頭のウォンバットから始まり,1992 年には世界で 2 例目となる飼育下での繁殖に成功しました。入園料は無料で,池田市民はもちろんのこと近隣市町村からも多くの人が訪れ,みんなに親しまれています。

「五月山動物園」
五月山動物園 3_edit

「アルパカ」
アルパカ 3_edit

「ローンセストン市姉妹都市提携50周年記念」
池田市ーローンセストン市姉妹都市提携50周年記念_edit

「エミュー」
エミュー 2_edit

「ワラビー」
ワラビー 2_edit

ワラビー 3_edit

「ミニブタ」
ミニブタ 3_edit

「ウォンバット」
ウォンバットはオーストラリアの固有種で,カンガルーのように袋の中で赤ちゃんを育てる有袋類です。ずんぐりとした体付きと短い足でちょこちょこと内股で歩くその愛らしい姿は,動くぬいぐるみとも称されます。飼育下では人に良く馴れ,人懐っこく人との接触を好みます。五月山動物園には,ワイン(♂),マル(♀),フク(♂),コウ(♂),ユキ(♀)の 5 頭のウォンバットが暮らしています。ウォンバットは夜行性のため昼間は巣穴にいることも多く,この日はユキには会えませんでした。
*日本最高齢夫婦(ワイン&ワンダー)のウォンバットとして元気に暮らしていたワンダー(♀・28歳)は 2017年11月25日に永眠しました。

ウォンバットの顔出しパネル 2_edit

おうちの地図_edit

世界有数のウォンバットの聖地 2_edit

「放飼場」
放飼場 7_edit

放飼場 6_edit

「ワイン」
1989年生まれのワイン(♂)は国内最高齢(29歳)のウォンバットで,1990年にオーストラリア・タスマニア島のトロワナ・ワイルド・ライフパークからやってきました。
ワイン 3_edit

ワイン 5_edit

ワイン 11_edit

ワイン 6_edit

「フク」
2004年生まれのフク(♂)は,2007年にオーストラリアのドリームワールドからやってきました。
フク 17_edit

短い足で立ち上がってエサを食べる姿は,非常に愛らしいです。
フク 22_edit

フク 34_edit

フク 28_edit

フク 25_edit

フク 36_edit

フク 38_edit

フク 51_edit

「マル」
2015年生まれのマル(♀)は,2017年にオーストラリア・タスマニア島のトロワナ・ワイルド・ライフパークからコウ,ユキとともにやってきました。
マル 8_edit

マル 11_edit

マル 21_edit

マル 15_edit

マル 35_edit

後ろ足で器用に掻きます。
マル 19_edit

マル 20_edit

マル 34_edit

「フク&マル」
フク&マル 3_edit

フク&マル 7_edit

フク&マル 17_edit

「コウ」
コウ 5_edit

コウ 15_edit

コウ 14_edit

コウ 43_edit

コウ 52_edit

コウ 55_edit

コウ 60_edit

コウ 67_edit

コウ 84_edit

コウ 97_edit

コウ 104_edit

コウ 112_edit

「アップル・ランド」
アップル・ランド 4_edit

展示室 8_edit

展示室 2_edit

「ウォンバット(サツキ)の骨格標本」
サツキはワインとワンダーの間に生まれたメスのウォンバットです。
ウォンバットの骨格標本 1_edit

「ウォンバット(ティア)の剥製」
ウォンバットの剥製 2_edit

「ウォンバットの毛皮」
ウォンバットの毛皮 1_edit

【これまでの訪問履歴】


大阪府池田市綾羽 2-5-33