JR 甲府駅から北へ車で10分ほどのところにある「武田神社」は,戦国時代きっての名将・武田信玄を祭神とする神社で,1919年(大正8年)に信玄の父・信虎が永正16年(1519年)に築いた「躑躅ヶ崎館(武田氏館)」の跡地に建てられました。日本100名城(24番)の一つにも選定されている武田氏館には信虎・晴信(信玄)・勝頼の三代にわたって居住し,さらに家臣団が集住して武田城下町が形成されました。武田領国の中心地として機能し,武田氏滅亡後もしばらくは政治的中心地となっていましたが,豊臣時代に甲府市丸の内に新たに甲府城が築城され甲斐統治の政治的中心地となったため,武田氏館は破却されました。

「武田神社」
武田神社 2_edit

武田神社参拝記念_edit

「神橋」
神橋 2_edit

神橋 1_edit

「一の鳥居」
一の鳥居 3_edit

一の鳥居 1_edit

「左近乃櫻」
左近乃櫻_edit

「右近乃櫻」
右近乃櫻_edit

「狛犬」
狛犬 3_edit

狛犬 4_edit

「参道」
参道 2_edit

参道 1_edit

「手水舎」
手水舎 2_edit

「二の鳥居」
二の鳥居_edit

「拝殿」
拝殿 2_edit

拝殿 9_edit

拝殿 6_edit

拝殿 3_edit

拝殿 7_edit

「本殿」
本殿 1_edit

「菱和殿」
菱和殿_edit

「さざれ石」
さざれ石 2_edit

「白山社」
白山社_edit

「信玄公御使用井戸」
館跡には当時からの古井戸等が残っており,信玄公を始め一族の遺香を現在まで伝えています。
信玄公御使用井戸 1_edit

信玄公御使用井戸 2_edit

「神符授与所」
神符授与所 2_edit

「宝物殿」
宝物殿 1_edit

「社務所」
社務所_edit

「姫の井戸のお水」
姫の井戸のお水 1_edit

「武田水琴窟」
武田水琴窟 2_edit

「甲陽武能殿」
甲陽武能殿 9_edit

甲陽武能殿 5_edit

「榎天神」
榎天神 4_edit

「榎天神社 絵馬掛所」
榎天神社 絵馬掛所_edit

「お堀」
お堀 1_edit

DSC00478_edit

「武田信玄公之像」
JR 甲府駅前には武田信玄公の像が設置されています。
武田信玄公之像 3_edit

山梨県甲府市古府中町 2611