JR 鳴門線鳴門駅から車で 25 分ほど,瀬戸内海を望む阿波街道沿いにある「びんび家」は,とびきり新鮮な徳島の魚料理を堪能できるお店として有名で,県内はもとより県外からも客が訪れる人気店です。店名の “びんび” とは “ぴんぴん跳ねる新鮮な魚” を意味し,厚めに切られた刺身は,噛みしめるたび口いっぱいに旨味が広がります。

「びんび家」
店頭 4_edit

店頭 1_edit

店先には生簀があります。
店先の生簀 3_edit

「本日のおすすめ」
本日のおすすめ_edit

「店内」
店内 3_edit

「サワラの子」
鰆の子 1_edit

「天ぷら」
天ぷら 3_edit

天ぷら 2_edit

「鳴門鯛の刺身」
鳴門鯛の刺身 2_edit

鳴門鯛の刺身 3_edit

「サワラの刺身」
サワラの刺身 1_edit

サワラの刺身 3_edit

サワラの刺身 6_edit

「はまちの刺身」
新鮮で脂がのったハマチは身がプリプリです。厚めに切られた刺身を口に入れると,噛むたびに旨味が広がります。
はまちの刺身 4_edit

はまちの刺身 3_edit

「わかめみそ汁」
新鮮な刺身と並ぶこの店の名物が鳴門ワカメの味噌汁です。コリコリした食感とともに磯の香りを存分に楽しむことができます。
わかめみそ汁 4_edit

店の前には瀬戸内海が広がります。
店の前 3_edit

徳島県鳴門市北灘町粟田字ハシカ谷 20-2