JR 中央本線水道橋駅あるいは飯田橋駅から歩いて 8 分ほどのところに,現存する大名庭園では屈指の名園「小石川後楽園」があります。1629年,水戸徳川家の祖である水戸藩初代藩主・徳川頼房が,水戸徳川家の江戸上屋敷内に築いた回遊式築山泉水庭園で,第二代藩主・光圀の代に完成しました。光圀は作庭に際して明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ,中国の教え “(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い,天下の楽しみに後れて楽しむ” から「後楽園」と命名しました。園内の随所に中国の名所の名前をつけた景観を配しており,湖・山・川・田園などが巧みに表現されています。現在は,国の特別史跡及び特別名勝に指定されており,毎年 2月,3月の時期は園内の梅が見頃となります。

「東門」
東門_edit

「西門」
西門 2_edit

「小石川後楽園」
小石川後楽園 3_edit

「有吉くんの正直さんぽ」
フジテレビの人気番組「有吉くんの正直さんぽ」でも紹介されました。
有吉くんの正直さんぽ_edit

「庭園入口」
庭園入口_edit

「雪吊りの松」
雪吊り 1_edit

「枝垂桜」
枝垂桜 2_edit

「蓮池」
蓮池 2_edit

「一つ松」
一つ松 2_edit

「丸屋」
丸屋 3_edit

「沢渡り」
沢渡り_edit

「大泉水」
庭園の中心となる景観です。
大泉水 4_edit

大泉水 5_edit

「蓬莱島」
蓬莱島 2_edit

「八卦堂跡」
八卦堂は関東大震災で消失しました。
八卦堂跡 1_edit

「立ち手水鉢」
立ち手水鉢 2_edit

「愛宕坂」
京都・愛宕山の坂にならって造られたもので,47 段の石段でできています。
愛宕坂 6_edit

「愛宕坂からの眺め」
愛宕坂からの眺め 1_edit

愛宕坂からの眺め 2_edit

「円月橋」
橋が水面に写る形が満月になることからこの名がつけられました。
円月橋 4_edit

円月橋 6_edit

「松原」
松原 2_edit

「梅林」
梅林 1_edit

梅林 5_edit

梅林 7_edit

梅林 13_edit

「田端」
第二代藩主・光圀が彼の嗣子・綱條の婦人に農民の苦労を教えようと作った田圃です。現在は地元の小学生が 5月に田植え,9月に稲刈りを行い,伝統行事を守り継いでいます。
田端 2_edit

「不老水」
不老水_edit

「神田上水跡」
神田上水跡 4_edit

「琴画亭跡」
琴画亭跡_edit

「藤田東湖の記念碑」
藤田東湖の記念碑 1_edit

「丸八屋」
丸八屋 1_edit

「赤門」
赤門_edit

「舟着場」
舟着場 1_edit

「異形灯籠」
異形灯籠 1_edit

「瘞鷂碑(えいようひ)」
瘞鷂碑 2_edit

「竹生島」
竹生島 2_edit

「内庭」
内庭は水戸藩邸の書院の庭で,江戸時代には “うちの御庭” と呼ばれていました。
内庭 2_edit

内庭 3_edit

「唐門跡」
唐門は内庭から後楽園に入る門でしたが,戦災で焼失しました。
唐門跡 2_edit

「寝覚の滝」
寝覚の滝 2_edit

「木曽山」
木曽山 2_edit

「木曽川」
木曽川 2_edit

「白雲台跡」
白雲台跡 2_edit

「大泉水を望む」
大泉水 9_edit

「延段」
大小の自然石と切石を組み合わせた石畳です。
延段 2_edit

「蓬莱島」
蓬莱島 4_edit

「竜田川」
竜田川 3_edit

「駐歩泉の碑」
駐歩泉の碑 2_edit

「西行堂跡」
西行堂跡 2_edit

西行堂跡 5_edit

「枯滝」
枯滝_edit

東京都文京区後楽 1-6-6