松阪駅(JR 紀勢本線,近鉄山田線)から歩いて 15 分ほどのところに,国の史跡に指定され,さらには日本100名城(48番)の一つにも選定されている「松坂城跡」があります。松坂城は,1584年に羽柴秀吉より伊勢国12万3千石を与えられ松ヶ島城(三重県松阪市)に封ぜられた蒲生氏郷が,1588年に松阪市北部の独立丘陵に松ケ島城に代わる城として新たに築城した平山城です。松坂城は本丸,二の丸,総石垣造りの各曲輪によって構成されており,本丸には安土城に似た天守が建てられていたとされています。現在は石垣を残すのみとなっており,城址公園として整備されています。

「松阪城跡碑」

松阪城跡碑_edit

「表門跡」
表門跡 1_edit

表門跡 2_edit

表門跡 3_edit

表門跡 4_edit

「井戸」
井戸_edit

「歴史民俗資料館」
歴史民俗資料館 4_edit

歴史民俗資料館 1_edit

歴史民俗資料館 3_edit

「助左衛門御門跡」
助左衛門御門跡 3_edit

「本丸下段跡」
本丸下段跡 1_edit

本丸下段跡 2_edit

本丸下段跡 3_edit

「御跡」
御跡 1_edit

「月見櫓跡」
月見櫓跡_edit

「月見櫓跡から市内を望む」
城下町の面影を残す町並みを一望することができます。
月見櫓跡から市内を望む 5_edit

「梶井基次郎文学碑」
松阪は梶井基次郎の短編小説『城のある町にて』の舞台となっており,文学碑が建てられています。
梶井基次郎文学碑_edit


「太鼓櫓」
太鼓櫓 1_edit

「本丸跡」
本丸跡 1_edit

本丸跡 2_edit

「金の間櫓跡」
金の間櫓跡 1_edit

金の間櫓跡 2_edit

「松阪開府之碑」
松阪開府之碑_edit

「天守跡と敵見櫓跡」
天守跡と敵見櫓跡 1_edit

「天守跡」
天守跡 2_edit

天守跡 3_edit

「敵見櫓跡」
敵見櫓跡 1_edit

「きたい丸跡」
きたい丸跡 1_edit

「藤見櫓跡」
藤見櫓跡_edit

「石垣」

石垣 3_edit

石垣 5_edit

石垣 6_edit

石垣 7_edit

三重県松阪市殿町