近鉄宇治山田駅から車で 10 分ほどのところにある「猿田彦神社」は,全てのことに先駆け,人々を善い方に導き,世の中の行方を開いてくれる “みちひらき” の大神として知られる猿田彦大神を祭神とする神社です。猿田彦大神は天孫の先導を終えた後,伊勢の地を本拠として国土の開拓に尽くした地主神と伝えられています。垂仁天皇の御代に皇女倭姫命が神宮鎮座の地を求めて諸国を巡歴されたときには,その子孫である大田命(おおたのみこと)が猿田彦大神と同じように先導し,五十鈴川の川上の一帯の霊地を献上して伊勢の神宮の創建に尽力しました。

「猿田彦神社」
猿田彦神社_edit

「手水舎」
手水舎_edit

「大鳥居」
大鳥居_edit

「古殿地」
拝殿の正面に,昔の神殿跡を印し方角を刻んだ八角の石柱があります。御祭神の「みちひらき」の御神徳を表す八角形の石には,多くの人々が願いをかけていきます。
古殿地 1_edit

「たから石」
舟形石の上に蛇が乗っているように見えるめ,縁起が良いとされています。
たから石 2_edit

「拝殿」
拝殿 1_edit

拝殿 2_edit

拝殿 5_edit

「本殿」
本殿 1_edit

本殿 5_edit

本殿 9_edit

「交通安全お祓い所」
交通安全お祓い所 1_edit

「大顕彰碑」
大顕彰碑 2_edit

「鳥居」
鳥居_edit

「御祈祷受付授与所」
御祈祷受付授与所_edit

「御昇殿」
御昇殿 2_edit

「子宝池」
子宝池 1_edit

子宝池 2_edit

「朱門橋」
朱門橋_edit

「赤門」
赤門_edit

「佐瑠女神社」
佐瑠女神社 1_edit

佐瑠女神社 4_edit

佐瑠女神社 3_edit

「さざれ石」
さざれ石_edit

三重県伊勢市宇治浦田 2-1-10