富山県の県庁所在地である富山市は県の総面積の約 3 分の 1 を占め,全国の都道府県庁所在地の中では 2 番目に広い総面積を有しています(1 位は静岡市)。市の南東部には標高 3,000m 級の雄大な北アルプス立山連峰がそびえる一方で,北側には魚介類の宝庫である水深 1,000m の富山湾が広がり,標高差4,000m にも及ぶ多様な地勢と美しい自然が特徴的です。江戸時代には富山藩十万石が置か れ,薬業や和紙などの産業が奨励され,飛騨街道や北前船航路などの交通・物流網の整備や越中売薬の独特の商法も相まっ て「くすりのまち」として全国に知られる ようになりました。現在も多様な文化と歴史を併せ持つ日本海側 有数の中核都市として発展を続けています。東京からは北陸新幹線で約 2 時間30 分で行くことができます。

「JR 富山駅」
JR 富山駅 3_edit

JR 富山駅 5_edit

JR 富山駅構内 6_edit

JR 富山駅前 5_edit

「富山地方鉄道市電」
市内には路面電車が走っています。
富山地方鉄道市電 3_edit

富山地方鉄道市電 5_edit

富山地方鉄道市電 7_edit

市内からは立山連峰を望むことができます。
立山連峰を望む 3_edit

DSC07631_edit

「きときと市場とやマルシェ」
新幹線高架下にあるおみやげ処で,富山名物のマス寿司をはじめ,ホタルイカや白海老の珍味,地酒などが揃うほかに,富山グルメのお店もあります。
きときと市場とやマルシェ 2_edit

きときと市場とやマルシェ 6_edit

きときと市場とやマルシェ 10_edit

きときと市場とやマルシェ 11_edit

きときと市場とやマルシェ 4_edit

富山県富山市