JR 東北本線国府多賀城駅から徒歩 15 分ほどのところに,国の特別史跡に指定されている「多賀城跡」があります。724年, 大野東人によって創建された多賀城は,11世紀中頃まで東北地方の政治・文化・軍事の中心地でした。発掘調査の結果,多賀城には陸奥国府と鎮守府が置かれ,約 900メートル四方という広大な城内の中央には重要な政務や儀式を行う政庁があったことがわかっています。平城宮跡(奈良県),太宰府跡(福岡県)とともに日本三大史跡に数えられ,さらに日本100名城(7番)にも選定されています。

「JR 国府多賀城駅」
JR 国府多賀城駅 1_edit

「館前遺跡」
館前遺跡 1_edit

館前遺跡 5_edit

館前遺跡 7_edit

「外郭築地塀跡」
外郭築地塀跡 2_edit

「多賀城碑覆屋」
多賀城碑覆屋 2_edit

「多賀城碑」
多賀城碑 2_edit

「外郭南門跡」
外郭南門跡 4_edit

外郭南門跡 3_edit

「多賀城跡政庁部入口」
多賀城跡政庁部入口 1_edit

「政庁南大路跡」
政庁南大路跡 9_edit

政庁南大路跡 4_edit

政庁南大路跡 7_edit

「政庁跡」
政庁跡 1_edit

「政庁復元模型」
政庁復元模型 2_edit

「南門跡」
南門跡 1_edit

「東南建物跡」
東南建物跡 2_edit

「東翼廊跡」
東翼廊跡_edit

「西翼廊跡」
西翼廊跡 2_edit

「西脇殿跡」
西脇殿跡 3_edit

「石敷広場跡」
石敷広場跡 2_edit

「正殿跡」
正殿跡 1_edit

正殿跡 4_edit

「後殿跡」
後殿跡_edit

政庁跡 3_edit

宮城県多賀城市市川城前