“白糸の滝” は,流下する水の様子が白糸や絹糸を垂らしたようであることからその名が付けられ,日本各地に同名の滝が存在します。その姿形はさまざまで,1 本の糸のような細い滝から,落水が幾筋にも分かれる滝幅が広いものまでみられます。長野県北佐久郡軽井沢町にある幅 70m,高さ 3mの「白糸の滝」は,千曲川の支流のひとつである湯川の源流で,上流に川が存在せず,浅間山の伏流水が岩盤の間から湧き出して滝となっているため,雨の後でも水が濁らないのが特徴です。

「白糸の瀧」
白糸の瀧 1_edit

白糸の滝へと続く川です。
川 9_edit

川 7_edit

川 6_edit

川 1_edit

川 4_edit

「白糸の滝」
白糸の滝 15_edit

白糸の滝 6_edit

白糸の滝 5_edit

白糸の滝 7_edit

白糸の滝 12_edit

白糸の滝 13_edit

「売店」
おみやげ店_edit

売店 2_edit

売店 1_edit

長野県北佐久郡軽井沢町長倉