京都市営地下鉄東西線東山駅から徒歩 1 分ほどのところに,1977 年創業の地元の人に愛され続ける昔ながらの中華食堂「マルシン飯店」があります。現在は二代目が切り盛りしており,お店はお昼から早朝 6 時まで通し営業しています。開店前には行列ができることもしばしばで,ランチタイムや夕食時はもちろん,深夜も飲んだ後の〆として利用する人が多く,いつも多くのお客さんでにぎわっています。

「マルシン飯店」
外観は昔ながらの中華食堂的な雰囲気です。
店頭 1_edit

店頭 5_edit

「メニュー」
メニュー 1_edit

「熟成豚肉餃子」
看板メニューの一つが,熟成肉専門店「京都 中勢以」の豚肉を使った熟成豚肉餃子です。
熟成豚肉ギョーザ 2_edit

「天津飯」
フワフワの玉子に鶏ガラの旨みたっぷりの餡がからんだこの店の天津飯は,餃子と双璧をなす看板メニューです。関東で天津飯というとご飯の上にかに玉(芙蓉蛋)をのせ,その上からケチャップで味付けした甘酢餡をかけたものが多いですが,関西ではご飯の上にたっぷりの玉子に醤油(塩)ベースの餡を合わせたものをかけたものが多いようです。
天津飯 1_edit

天津飯 4_edit

天津飯 6_edit

京都市東山区東大路三条下る南西海子町 431-3