群馬県吾妻郡草津町界隈にある「草津温泉」は,日本を代表する名湯として知られています。自噴する温泉の湯量は極めて豊富であり,湯温も 50~90℃前後と非常に高くなっています。また,そのお湯は pH 2.1 と日本屈指の強酸性泉で,殺菌力が高いことから,古くから湯治場として多くの人々が身体を癒しに草津を訪れました。現在は町の中央にある湯畑を中心に日本情緒あふれる古風な街並みが広がっており,全国から多くの観光客が訪れる人気の温泉街となっています。

「草津温泉バスターミナル」
草津温泉バスターミナル 3_edit

草津温泉バスターミナル前 1_edit

「観光案内所」
観光案内所_edit

「足湯」
足湯 1_edit

足湯 2_edit

「湯路広場」
湯路広場 7_edit

湯路広場 6_edit

「湯畑」
町の中心部で立ちあがる湯煙は,草津温泉のシンボル『湯畑』です。湯畑だけで毎分約 4000リットルの湯が湧き出ており,その光景は迫力満点です。また湯畑で採れる湯の花は入浴剤などに利用され,草津土産としても販売されています。
湯畑 4_edit

湯畑 8_edit

湯畑 1_edit

湯畑 2_edit

湯畑 6_edit

「湯樋」
木の桶を通すことで 50℃以上ある源泉の温度を下げ,水で薄めることなく宿などへ運ぶことができます。
湯樋 1_edit

湯樋 4_edit

湯樋 5_edit

湯樋 15_edit

湯樋 8_edit

「八代将軍御汲み上げの湯枠」
八代将軍御汲み上げの湯枠 2_edit

「八代将軍御汲み上げの碑」
八代将軍御汲み上げの碑_edit

「湯滝」
湯滝 3_edit

湯滝 6_edit

湯滝 4_edit

湯滝 10_edit

「湯滝の灯篭」
湯滝の灯篭 1_edit

「湯滝の前の足湯」
湯滝の前の足湯_edit

「湯けむり亭」
湯畑にある無料で入れる足湯です。
湯けむり亭 2_edit

「白旗乃湯」
白旗乃湯 2_edit

「白旗源泉」
白旗源泉 3_edit

白旗源泉 2_edit

「熱の湯」
熱い源泉をかけ流しで楽しむために生まれたのが,“草津よいとこ一度はおいで・・・” のフレーズで知られる『湯もみ』です。高温の源泉を水を使わずに冷ますために江戸時代に考案された方法で,現在は湯畑前にある熱の湯で ショーとして楽しむことができます。
熱乃湯 2_edit

湯畑の周りには,旅館やホテル,土産物店,飲食店などが立ち並んでいます。
本家ちちや 3_edit

頼朝_edit

湯元館 2_edit

茶房ぐーてらいぜ_edit

日新館 1_edit

やきとり静 1_edit

西の河原通り_edit

草津館_edit

群馬県吾妻郡草津町草津