上信電鉄線上州富岡駅から歩いて 9 分ほど,富岡製糸場にほど近い路地裏に伝説の蕎麦職人・石井仁氏の蕎麦店「蕎麦食堂 仁べえ 」があります。同氏の伝説は,1992 年にオープンさせた神田「いし井」に始まります。一般に蕎麦粉100パーセントの蕎麦を細く長く切るのは至難の技とされていますが,きわめて細く美しく贅沢に研ぎ澄まされた石井氏の蕎麦は,瞬く間に蕎麦通の間で評判となりました。その後,お店を伊豆・修善寺「朴念仁」,銀座「古拙(現在は閉店」,日本橋「仁行(現在は閉店)」 と移していき,「銀座・古拙」,「日本橋・仁行」ではミシュランガイド東京で一つ星も獲得しました。すでに成功を収めていた石井 仁氏がその2店舗を閉店し,2016年 4月,故郷・富岡にオープンさせたのがこちらのお店です。

「蕎麦食堂 仁べえ」
店頭 1_edit

テーブルセッティング_edit

「桜海老と生姜のかき揚げ」
桜海老と生姜のかき揚げ 2_edit

桜海老と生姜のかき揚げ 4_edit

「もりそば」
この店の十割手打ち蕎麦は多加水(55~65 %)の “水こし蕎麦” で,極細なのに腰があり,なめらかなのど越しが特徴です。
もりそば 6_edit

もりそば 5_edit

「そばつゆ」
そばつゆ 1_edit

「薬味」
薬味は本わさびと辛味大根です。
薬味 3_edit

「そば湯」
そば湯 2_edit

群馬県富岡市富岡 21-15