エコー・ポイント Echo Point から西 へ1 km 程のところにあるアトラクション施設「シーニック・ワールド Scenic World」では,3 つの乗り物に乗ってブルー・マウンテンズの壮大な景観を堪能できるほか,谷底のユーカリ樹海に設けられた木道で渓谷のウォーキングを楽しむことができます。

「シーニック・ワールド Scenic World
シーニック・ワールド 1_edit

シーニック・ワールド 2_edit

スカイウェイ東駅 Skyway East Station
スカイウェイ東駅からスカイウェイでシーニック・ワールド・トップステーションへ向かい,ここからレールウェイで谷底に下り,樹海を散策した後にケーブルウェイでシーニック・ワールド・トップステーションに戻るコースがおすすめです。
Skyway East Station 2_edit

「スカイウェイ Skyway
オーストラリアで最高度のケーブルカーで,ジャミソン渓谷 Jamison Valley の上空 270 m を往復します。
Skyway 16_edit

Skyway 13_edit

空中散策が楽しめるスカイウェイからは,ブルーマウンテンズ国立公園の眺望を楽しむことができ,世界遺産を空中から見るという貴重な経験ができます。
Skyway 2_edit

Skyway 8_edit

Skyway 10_edit

Skyway 11_edit

「カトゥーンバ滝 Katoomba Falls
Skyway 6_edit

「レールウェイ Railway
最大傾斜 52度の急勾配を下るレールウェイは,世界最急勾配を上下します(ギネスブックに載っています)。
Railway 1_edit

Railway 3_edit

Railway 23_edit

Railway 16_edit

Railway 14_edit

Railway 28_edit

Railway 32_edit

かなりの急勾配であることがわかります。
Railway 31_edit

「スリー・シスターズ Three Sisters
ここからもスリー・シスターズを望むことができます。
スリーシスターズ 6_edit

レールウェイのボトム・ステーションには,かつて石炭の採掘場まで下る時に乗っていたコースターが展示されています。
Railway 34_edit

「ウォークウェイ Walkway
ジャミソン渓谷の谷底のユーカリ樹海に設けられた木道で,太古の原生林を散策できるウォーキングコースです。
Walkway 2_edit

「坑道の換気用炉跡 Ventilation Furnace
Ventilation Furnace 1_edit

Ventilation Furnace 3_edit

「炭鉱夫と石炭を運ぶ馬」
採れた石炭を馬を使って運んでいる様子がわかります。
炭鉱夫と石炭を運ぶ馬のブロンズ像 2_edit

炭鉱夫と石炭を運ぶ馬のブロンズ像 3_edit

「旧炭鉱入口」
旧炭鉱入口_edit

DSC03380_edit

木道が続きます。
Walkway 8

Walkway 10_edit

Walkway 17_edit

Walkway 18_edit

Walkway 21_edit

Walkway 22_edit

「ケーブルウェイ Cableway
オーストラリア最大規模のケーブルカーで,ジャミソン渓谷の谷底と崖上の約 545 m を結びます。
Cableway 4_edit

Cableway 3_edit

Cableway 10_edit

Cableway 8_edit

スリーシスターズ 11_edit

Cableway 9_edit

「スリー・シスターズ Three Sisters
ここからもスリー・シスターズを望むことができます。
スリーシスターズ 7_edit

Cableway 11_edit

「ギフトショップ」
ギフトショップ_edit

「シーニック・ワールド・トップステーション」
Scenic World Top Station_edit

Violet St. & Cliff Dr., Katoomba NSW 2780, Australia