JR 京浜東北線桜木町駅から徒歩 15 分ほどの野毛山公園内にある「野毛山動物園」は,1951年4月に開園した横浜市立の動物園です。1999年4月に「よこはま動物園ズーラシア」が開園して以降は多くの動物がズーラシアへ移され,以前に比べると小規模なものとなっていますが,現在でも 100 種類以上の動物を擁しており,都心部の動物園としては充実しています。特筆すべきは入園料が無料である点で,休日ともなると地元の子供たちでにぎわい,気軽に動物たちと触れ合える場所として今でも人気のスポットです。

「野毛山動物園」
野毛山動物園 1_edit

園内 1_edit

「ライオン募金」
ライオン募金_edit

「トピアリー」
植物を人工的・立体的に刈り込む造形物のことです。
トピアリー_edit

「はま子」
開園時より50年以上展示されていたインド・カルカッタ出身のアジアゾウ(はま子)が老衰などにより死亡した。
はま子_edit

「ツガルさん」
ツガルさん_edit

「レッサーパンダ」
レッサーパンダ 4_edit

「チンパンジー」
チンパンジー_edit

「エミスムツアシガメ」
エミスムツアシガメ 3_edit

「ニシアフリカコカタワニ」
ニシアフリカコカタワニ 2_edit

「グリーンイグアナ」
グリーンイグアナ 2_edit

「アミメニシキヘビ」
アミメニシキヘビ 2_edit

「トウブハコガメ」
トウブハコガメ 2_edit

「ヘサキリクガメ」
ヘサキリクガメ 2_edit

「バタグールガメ」
バタグールガメ 3_edit

「ライオン」
ライオン 5_edit

「キリン」
キリン 4_edit

キリン 5_edit

「フラミンゴ」
フラミンゴ 2_edit

「ダチョウ」
ダチョウ 1_edit

「ミナミコアリクイ」
ミナミコアリクイ 2_edit

「ツキノワグマ」
ツキノワグマ 1_edit

園内 6_edit

「フンボルトペンギンのオブジェ」
フンボルトペンギンのオブジェ_edit

園内 7_edit

「フンボルトペンギン」
フンボルトペンギン 2_edit

フンボルトペンギン 4_edit

「市電」
かつて横浜市内には路面電車が走っていました。動物園下の野毛坂でも昭和 3 年から昭和46年まで走っており,廃線後はここ野毛山動物園内に展示されています。
市電 1_edit

市電 2_edit

野毛山動物園 4_edit

神奈川県横浜市西区老松町 63-10