JR 両国駅西口に隣接する場所に,2016年11月25日,旧駅舎をリニューアルした新たな複合施設「江戸 NOREN」がオープンしました。館内の中心には日本相撲協会監修の土俵が設けられ,それを取り囲むように "粋な江戸の食文化を楽しむ" 全12店舗が軒を連ねています。「政五ずし」は江戸時代に両国で握りずしを考案したといわれる華屋与兵衛の寿司を再現するお店です。

「政五ずし」
店頭 2_edit

店頭 5_edit

テーブルセッティング_edit

「与兵衛ずし」
シャリに砂糖は使わず,江戸時代からの伝統製法を生かして作られた純酒粕酢三ツ判山吹と塩だけが使われています。またマグロの漬けと穴子に関しては,当時は今の 2 倍はあったという大きな握りで供されてます。
与兵衛ずし_edit

「車えび」
車えび_edit

「コハダ」
コハダ_edit

「カスゴ」
カスゴ_edit

「まぐろの漬け」
まぐろの漬け 2_edit

「穴子」
穴子 1_edit

「煮ハマグリ」
煮ハマグリ_edit

「玉子」
玉子 1_edit

「かんぴょう巻き」
かんぴょう巻き 1_edit

「奈良漬け&ガリ」
奈良漬け&ガリ_edit

「力士もなか」
力士もなか 2_edit

東京都墨田区横網 1-3-20 両国 江戸 NOREN 1F