岐阜県の県庁所在地である岐阜市は,同県の中南部に位置する中核市です。戦国時代には斎藤道三織田信長城下町として栄え,江戸時代には尾張藩領となり岐阜奉行所が置かれ,商工業の中心地として栄えました。岐阜市南部に位置する旧加納町は中山道宿場町でもあり,今でもその面影を残しています。“岐阜” の名の由来ついては諸説ありますが,1567年に織田信長が美濃国を攻略した際に,町の名をそれまでの “井ノ口” から “岐阜” に改めたと言われており,2017年は信長公岐阜命名450年の年となります。東京からは東海道新幹線で名古屋を経由して約 2 時間 15 分で行くことができます。

「JR 岐阜駅」
JR 岐阜駅 17_edit

岐阜城と長良川の鵜飼いが描かれています。
JR 岐阜駅 18_edit

JR 岐阜駅 15_edit

JR 岐阜駅 13_edit

JR 岐阜駅 8_edit

JR 岐阜駅前 3_edit
 
JR 岐阜駅前 2_edit

「信長ゆめ広場」
信長ゆめ広場 7_edit

信長ゆめ広場 5_edit

信長ゆめ広場 2_edit

「黄金の織田信長公像」
高さ 8 m の台座に立つ,3 m の黄金の信長像です。マントを羽織り,右手には火縄銃,左手には西洋兜を持っています。
黄金の織田信長公像 11_edit

黄金の織田信長公像 12_edit

黄金の織田信長公像 10_edit

黄金の織田信長公像 13_edit

「JR 岐阜駅前」
JR 岐阜駅周辺 15_edit

JR 岐阜駅周辺 12_edit

JR 岐阜駅周辺 9_edit

JR 岐阜駅周辺 4_edit

「名鉄岐阜駅」
名鉄岐阜駅 13_edit

名鉄岐阜駅 15_edit

名鉄岐阜駅 16_edit

名鉄岐阜駅 10_edit

「名鉄岐阜駅前」
名鉄岐阜駅周辺 7_edit

名鉄岐阜駅周辺 2_edit

名鉄岐阜駅周辺 3_edit

「ダイワロイネットホテル岐阜」
ダイワロイネットホテル岐阜 8_edit

ダイワロイネットホテル岐阜 1_edit

「円徳寺」
岐阜城主であった織田信長や孫の秀信ゆかりの寺として知られています。1600年,関ケ原合戦の前哨戦(岐阜城の戦い)で岐阜城が落城。城主の織田秀信はこの寺で剃髪し高野山に入りました。
円徳寺 1_edit

本堂 1_edit

本堂 3_edit

DSC01801_edit

織田信長公寄進の梵鐘が置かれています。
織田信長公寄進の梵鐘 1_edit

花押(かおう)パネルです。
花押(かおう)パネル 2_edit

門前の路上には楽市童子楽座童子の像があります。
楽市童子楽座童子の像

「長良橋通り」
長良橋通り 6_edit

昭和の佇まいを残した商店街もあります。
長良橋通り 7_edit

「岐阜市役所」
岐阜市役所 2_edit

岐阜市役所 6_edit

市役所の前には鵜の像が置かれています。
岐阜市役所 5_edit

「マルゾッコ像」
マルゾッコ像 3_edit

マルゾッコ像 4_edit

町のマンホールにも鵜がデザインされています。
マンホール 1_edit

岐阜県岐阜市