十円硬貨の表面に描かれている鳳凰堂や,一万円紙幣の裏面に描かれている鳳凰像でおなじみの「平等院」は,京都府宇治市にあります。宇治の地は『源氏物語』の「宇治十帖」の舞台となっており,平安時代から貴族の別荘地として栄えていました。1052年(永承 7 年),時の関白・藤原頼通が父・頼道から譲り受けた別荘 “宇治殿” を寺院に改め,平等院としたのが始まりとされています。翌1053年には阿弥陀堂(現・鳳凰堂)が建立され,堂内には平安時代の最高の仏師・定朝(じょうちょう)によって制作された阿弥陀如来坐像が安置されました。平安時代後期・11世紀の建築,仏像,絵画,庭園などが今日に伝えられ,現在は「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されています。

「表門前広場」
表門前広場 2_edit

表門前広場 4_edit

表門前広場 6_edit

表門前広場の藤棚 1_edit

「表門」
表門 3_edit

表門 1_edit

「寺務所」
寺務所 2_edit

「平等院庭園」
平等院庭園 9_edit

平等院庭園 1_edit

平等院庭園 3_edit

「扇之芝」
扇之芝 1_edit

扇之芝 5_edit

「観音堂」
観音堂 1_edit

「藤棚」
藤棚 2_edit

「阿字池」
阿字池_edit

「鳳凰堂」
鳳凰堂 5_edit

鳳凰堂 15_edit

鳳凰堂 31_edit

鳳凰堂 37_edit

鳳凰堂 39_edit

鳳凰堂 41_edit

鳳凰堂 43_edit

「鐘楼」
鐘楼 4_edit

鐘楼からは平等院庭園を望むことができます。
鐘楼から平等院庭園を望む 1_edit

「鳳翔館」
鳳翔館_edit

「浄土院」
浄土院 1_edit

浄土院 6_edit

「羅漢堂」
羅漢堂_edit

「不動堂」
不動堂 5_edit

不動堂 1_edit

不動堂 2_edit

「源三位頼政公の墓」
源三位頼政公の墓 2_edit

源三位頼政公の墓 4_edit

「池殿地蔵尊」
池殿地蔵尊 1_edit

「最勝院」
最勝院 1_edit

最勝院 2_edit

最勝院 3_edit

「石灯籠」
石灯籠 2_edit

「辻利右衛門翁之像」
辻利右衛門翁之像 2_edit

京都府宇治市宇治蓮華 116