市営地下鉄烏丸線丸太町駅から徒歩 7 分ほど,京都御所西側の烏丸通に沿いに鎮座する「護王神社」は,平安京の建都に貢献した和気清麻呂公(わけのきよまろこう)とその姉,和気広虫姫命(わけのひろむしひめのみこと)を主祭神とする神社で,‟いのしし神社” の俗称でも親しまれています。奈良時代末の769年,当時法王となって絶大な権力をふるっていた僧・弓削道鏡の怒りをかった和気清麻呂が、道鏡から送り込まれた刺客に襲われた際,どこからともなく現れた 300頭もの猪によって難を逃れたとの伝説から,境内には狛犬の代わりに霊猪像(狛猪)が奉納されています。狛猪のほかにも多くの猪に因んだものが置かれており,年の参拝者は例年よりも多くなるそうです。

「護王神社」
鳥居 2_edit

鳥居の前には狛犬ならぬ狛イノシシがあります。
狛イノシシ 3_edit

「門前の猪像」
DSC08968_edit

「表門」
表門 1_edit

表門 2_edit

「霊猪手水舎」
霊猪手水舎 4_edit

霊猪手水舎 2_edit

「狛イノシシ」
狛イノシシ 1_edit

狛イノシシ 2_edit

「拝殿」
拝殿 2_edit

拝殿 3_edit

拝殿 5_edit

「守札授与所・受付」
守札授与所・受付_edit

「社務所」
社務所 1_edit

「座立亥串」
座立亥串_edit

「チェーンソーアート『飛翔親子猪』」
飛翔親子猪 2_edit

「チェーンソーアート『降り神猪』」
降り神猪_edit

「チェーンソーアート『昇り神猪』」
昇り神猪_edit

「霊木猪」
霊木猪_edit

「祈願殿」
祈願殿 1_edit

「中門と本殿」
中門 4_edit

「聖風殿」
聖風殿_edit

「さざれ石」
日本一のさざれ石 2_edit

「喜多門」
喜多門_edit

「和気清麻呂公像」
和気清麻呂公像_edit

「末社」
末社 1_edit

末社 2_edit

祖霊社_edit

「伊勢神宮遥拝所」
伊勢神宮遥拝所 1_edit

伊勢神宮遥拝所 2_edit

京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町 385