九份にはレトロな街並みに似合うノスタルジックな茶芸館やカフェが数多く軒を連ねています。中でも「阿妹茶酒館」は,1989年公開の映画『悲情都市』の撮影に使われたことで一躍有名となりました。一方で,宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』の世界を彷彿とさせるとして話題となり,日本からも多くの観光客が訪れるようになりました。

「阿妹茶酒館」
阿妹茶樓 2_edit

「千と千尋の神隠し・湯婆婆の屋敷」と書かれていました。
阿妹茶樓 1_edit

阿妹茶樓 3_edit

阿妹茶樓 12_edit

阿妹茶樓 5_edit

阿妹茶樓 11_edit

阿妹茶樓 6_edit

阿妹茶樓 9_edit

店内 6_edit

店内 5_edit

店内 3_edit

『千と千尋の神隠し』のキャラクター人形が置かれていました。
店内 1_edit

「テラス席」
テラス席 2_edit

「お茶菓子」
お茶菓子 2_edit

「茶器」
茶器 3_edit

茶器 4_edit

茶器 5_edit

「お茶」
お茶 3_edit

お茶 1_edit

阿妹茶樓 14_edit

阿妹茶樓 15_edit

台湾新北市瑞芳区崇文里市下巷 20号