台北から電車で 1 時間ほどのところに,日本人に人気の観光地「九份(ジウフェン)」があります。九份は台湾北部の新北市瑞芳区にある山間の町で,かつてこの地にはわずか 9 世帯の人しか住んでいなかったことからこの名がついたと言われています。19世紀後半,この地に金鉱が発見されると瞬く間にゴールドラッシュに沸き,台湾全土から人が集まるようになりました。町は徐々に発展し日本統治時代にその最盛期を迎えましたが,1971年の閉山とともに九份はかつての静かな寒村へと戻りました。再び脚光を浴びることになったのは,1989年に公開され台湾で空前のヒットとなった映画『悲情都市』のロケ地に選ばれてからです。町おこしとして観光化に取り組んだ結果,現在は台湾を代表する観光地のひとつとなりました。一方で,細い路地の階段に沿って建つ古い館に提灯が灯るノスタルジックな風景は,宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』の世界を彷彿とさせるとして話題となり,日本からの観光客も多く訪れるようになりました。

九份への行き方
台北駅構内に九份への行き方を日本語で記した案内が貼られていました。それだけ九份を訪れる日本人が多いということでしょう。九份までのアクセスは大きく分けて 2 つあります。ひとつは台北駅から台鉄(TRA)に乗って瑞芳駅で下車し,そこからバスやタクシーに乗って行く方法。もうひとつは MRT 忠孝復興駅(文湖線,板南線)のバス停から直通バス(1062番バス)に乗る方法です。今回の旅行では,往きは台鉄,帰りは直通バスを利用しました。
台北駅(九份への行き方)_edit

台北駅(台鉄)
MRT 台北車站駅(淡水信義線,板南線)と,台湾高速鉄道(HSR)と台湾国鉄(TRA)の台北駅とは地下通路でつながっています。
台北車站駅 4_edit

台北駅 1_edit

瑞芳駅へ向かう電車は 4 番線ホームでした。
台北駅 3_edit

「台鐵弁当本舗」
旅のお供といえば駅弁ですが,駅の構内には日本と同じように駅弁が売られています。MRT の車内では飲食が禁止されていますが,瑞芳へ向かう台鉄の車内では飲食が可能です。
台鐵弁当本舗 2_edit

「伝統排骨弁当」
ご飯の上に,排骨(豚のスペアリブ),煮卵,湯葉などがのっています。
伝統排骨弁当 2_edit

「瑞芳駅」
瑞芳駅 1_edit

瑞芳駅 3_edit

瑞芳駅 5_edit

瑞芳駅_edit

「九份」
美しい景色で知られる九份ですが,海沿いの山間部なのでとにかく雨が降りやすいのが難点です。天気が変わりやすく屋根のない場所も多いため,雨具を持っていくことをオススメします。
九份 1_edit

派出所 1_edit

九份 2_edit

「豎崎路」
豎崎路 1_edit

豎崎路 3_edit

彭園 1_edit

九份の街並みは日本統治時代の面影を色濃くとどめており,路地や石段は当時に造られたものが多数残されています。
豎崎路 4_edit

豎崎路 5_edit

豎崎路 6_edit

豎崎路 7_edit

豎崎路 8_edit

豎崎路 9_edit

豎崎路 10_edit

豎崎路 11_edit

『悲情城市』の名前を付けたレトロ調で洒落た喫茶店や茶藝館,土産物屋などが建ち並び,多くの人で賑わっています。
豎崎路 12_edit

豎崎路 13_edit

豎崎路 1_edit

豎崎路 3_edit

豎崎路 14_edit

豎崎路 15_edit
明日へ続く・・・

新北市,台湾