日本国内のみならず世界的にも有名な上海料理レストラン「鼎泰豊(ディンタイフォン)」は,1958年に中国山西省出身の楊秉彝(ヤン・ピンイー)が台北市の永康街に食用油を販売する油問屋としてオープンさせたのが始まりです。鼎泰豊の代名詞とも呼べる小籠包の販売は,当初は本業の食用油の売り上げが落ち込んだ時期に副業として開始されたそうです。鼎泰豊の小籠包は徐々に地元の人々の間で評判となり,1972年に本業であった食用油の販売を取りやめ,小籠包と麺,点心を売る食堂へと経営転換しました。店の評判は立ちどころに広まり,1993年1月,アメリカ合衆国の『ニューヨーク・タイムズ』紙で「世界の10大レストラン」のひとつに選出されたのをきっかけに一躍世界的な知名度となり,国外から多くの観光客が台北を訪れるようになりました。1996年,海外第一号店として新宿のタカシマヤタイムズスクエア 12F に「鼎泰豊 新宿店」がオープンして以来,日本国内はもとより世界中に店舗展開する巨大上海レストラン・チェーンへと成長しました。

「鼎泰豊 信義本店」
全ての始まりは永康街にあるこちらの信義本店です。お店は MRT 東門駅淡水信義線,中和新蘆線)から徒歩 1 分ほどのところにあります。
店頭 10_edit

店頭 3_edit

店頭には現在の待ち時間が表示されています。
店頭 15_edit

店頭で人数を告げて,整理番号を受け取ります。
整理番号 2_edit

店頭の電光掲示板に「1108」が表示されました。
店頭 23_edit

オーダー票に記入して注文は完了です。メニューにはすべて日本語が併記されており,日本語のオーダー票もあるので簡単に注文できます。
オーダー票_edit

店内 1_edit

テーブルセッティング 3_edit

「針ショウガ」
針ショウガ 4_edit

「空心菜炒め」
空心菜炒め 2_edit

「鶏肉蒸しスープ」
澄んだスープには,長時間煮込んだ鶏の旨みがたっぷりと詰まっています。
鶏肉蒸しスープ 1_edit

鶏肉蒸しスープ 4_edit

「ピリ辛ゆでワンタン(海老)」
ピリ辛ゆでワンタン(海老) 3_edit

「野菜と豚肉入り蒸し餃子」
野菜と豚肉入り蒸し餃子 2_edit

野菜と豚肉入り蒸し餃子 4_edit

「エビと豚肉入り焼き餃子」
きれいな羽根つきです。
エビと豚肉入り焼き餃子 2_edit

エビと豚肉入り焼き餃子 4_edit

「小籠包」
鼎泰豊の代名詞とも呼べる小龍包は,肉汁たっぷりの具が透けて見えるほど薄い皮で包まれています。皮のひだは18個,皮の重さは 5g,餡の重さは 16g と決められています。
小籠包 1_edit

小籠包 2_edit

「ヘチマとエビ入り小籠包」
ヘチマとエビ入り小籠包 1_edit

ヘチマとエビ入り小籠包 5_edit

「トリュフ入り小籠包」
トリュフ入り小籠包 2_edit

トリュフ入り小籠包 5_edit

「蟹みそ入り小籠包」
蟹みそ入り小籠包 1_edit

蟹みそ入り小籠包 4_edit

「豚肉チャーハン(白米)」
白米か玄米を選ぶことができます。
豚肉チャーハン(白米) 1_edit

「特製辛いソース和え麺」
特製辛いソース和え麺 3_edit

特製辛いソース和え麺 7_edit

店頭 20_edit

台北市大安区信義路二段 194 号