唐津市は江戸時代は唐津藩の城下町として,明治以降は石炭の積出港として栄えてきました。かつての面影は豪華絢爛な祭りや市街地に残る歴史的建造物に感じることができ,旧唐津銀行や旧高取邸などの優美な建物からは石炭産業の興隆を伺うことができます。

「旧唐津銀行本店」
明治45年(1912)に竣工しました。監修を務めたのは東京駅を設計したことで知られる唐津出身の建築家・辰野金吾です。
旧唐津銀行本店 21_edit

旧唐津銀行本店 16_edit

旧唐津銀行本店 19_edit

旧唐津銀行本店 3_edit

旧唐津銀行本店 1_edit

旧唐津銀行本店 7_edit

旧唐津銀行本店 15_edit

旧唐津銀行本店 9_edit

旧唐津銀行本店 10_edit

「三ノ丸辰巳櫓」
唐津城三ノ丸の東南隅に建てらた,見張りや防御のための櫓です。
三ノ丸辰巳櫓 13_edit

三ノ丸辰巳櫓 4_edit

三ノ丸辰巳櫓 7_edit

三ノ丸辰巳櫓 6_edit

遠くに唐津城を望むことができます。
DSC02898_edit

「埋門ノ館」
埋門ノ館 3_edit

埋門ノ館 5_edit

埋門ノ館 10_edit

埋門ノ館 22_edit

唐津焼の大茶碗で,直径 60 cm もあります。
埋門ノ館 14_edit

埋門ノ館 19_edit

埋門ノ館 6_edit

埋門ノ館 39_edit

埋門ノ館 1_edit

「時の太鼓」
北城内児童公園の中にある時の太鼓は,江戸時代にこの場所に時を告げる鐘が置かれたことから,唐津の時を告げる時計として設置されました。現在は午前 7 時から午後 7 時までの正時になると鐘楼から裃人形が現れて太鼓を叩き時刻を知らせるからくり時計となっています。
北城内児童公園 1_edit

時の太鼓 3_edit

時の太鼓 5_edit

北城内児童公園 3_edit

「旧高取邸」
杵島炭鉱などの炭鉱主として知られる高取伊好(これよし)の邸宅です。
旧高取邸 3_edit

旧高取邸 4_edit

旧高取邸 18_edit

玄関前 1_edit

土蔵です。
土蔵 1_edit

食料庫です。
食料庫 1_edit

西厠です。
西厠_edit

家族湯殿です。
家族湯殿 2_edit

家族湯殿 3_edit

使用人湯殿です。
使用人湯殿 2_edit

貯蔵庫です。
貯蔵庫 1_edit

貯蔵庫 3_edit

貯蔵庫 5_edit

旧高取邸 11_edit

旧高取邸 10_edit

旧高取邸 14_edit

「唐津藩武家屋敷之門」
唐津藩武家屋敷之門 1_edit

「旧唐津藩藩校中門」
旧唐津藩藩校中門 8_edit

旧唐津藩藩校中門 7_edit

佐賀県唐津市