佐賀県の北西部,玄界灘に面する唐津市は海と山に囲まれた豊かな自然を有し,江戸時代は唐津藩の城下町,明治以降は石炭の積出港として栄えてきました。かつての面影は豪華絢爛な祭りや市街地に残る歴史的建造物に感じることができ,旧唐津銀行や旧高取邸などの優美な建物からは石炭産業の興隆を伺うことができます。唐津神社の秋季例大祭である「唐津くんち」や,特別名勝の「虹の松原」,「呼子の朝市」など多数の観光資源を有し,年間を通して多くの観光客で賑わっています。

「JR 唐津駅」
福岡からは地下鉄空港線(JR 筑肥線直通)で約 1 時間 5 分ほどで着きます。
JR 唐津駅南口 2_edit

JR 唐津駅 6_edit

JR 唐津駅南口 5_edit

「唐津市近代図書館」
唐津市近代図書館 1_edit

「唐津曳山の像」
JR 唐津駅北口には,唐津焼きで作られた赤獅子の像が置かれています。
JR 唐津駅北口 12_edit

「舞鶴の像」
唐津城は天守閣を鶴の頭に見立て,左右に広がる松原が鶴の翼を広げた形に似ていることから,別名 ‟舞鶴城” とも呼ばれています。JR 唐津駅北口には舞鶴の像が置かれています。 
JR 唐津駅北口 8_edit

「唐津市ふるさと会館アルピノ」
唐津市ふるさと会館アルピノ 3_edit

「曳子の像」
曳子の像_edit

「肥後堀」
唐津城の三ノ丸と外曲輪の間に掘られたもので,市役所の南の石垣に沿ってあります。
肥後堀 5_edit

肥後堀 15_edit

肥後堀 14_edit

「三ノ丸」
三ノ丸 1_edit

三ノ丸 2_edit

「大名小路」
大名小路 1_edit

大名小路 4_edit

「二ノ門堀」
二ノ門堀 2_edit

二ノ門堀 1_edit

「早稲田佐賀中学校・高等学校」
早稲田大学の創設者・大隈重信の出身地である佐賀県に早稲田大学の系属校を設立しようと計画され,早稲田大学創立125周年記念事業として2010年4月に開校しました。学校の敷地は唐津城の二の丸御殿跡に位置し,校舎の先には唐津城が望めます。
早稲田佐賀中学校・高等学校 1_edit

早稲田佐賀中学校・高等学校 2_edit

早稲田佐賀中学校・高等学校 6_edit

早稲田佐賀中学校・高等学校 10_edit

「唐津城下の散歩道」
舞鶴海浜公園 1_edit

唐津城下の散歩道 3_edit

唐津城下の散歩道 5_edit

唐津城下の散歩道 6_edit

「西の浜」
西の浜 6_edit

西の浜 4_edit

西の浜 2_edit

「斎藤茂吉の歌碑」
肥前なる唐津の濱にやどりして唖のごとくに明け暮れむとす
茂吉の歌碑_edit

「石垣の道」
石垣の道 1_edit

石垣の道 2_edit

石垣の道 4_edit

石垣の道 5_edit

「埋門・埋門小路」
埋門・埋門小路 1_edit

埋門・埋門小路 2_edit

「西ノ門館」
西ノ門館 4_edit

西ノ門館 1_edit

西ノ門館 2_edit

「唐津市民会館」
唐津市民会館_edit

「曳山展示場」
多くの見物客で賑わう唐津くんちは,約 400 年も前から伝わる大祭です。街を練り歩く豪華絢爛な曳山は,曳山展示場で間近に観賞することができます。
曳山展示場 5_edit
 
曳山展示場 2_edit

佐賀県唐津市