2013年11月28日,白金台の閑静な住宅街の一角に日本料理店「白金台こばやし」がオープンしました。店主の小林和道氏は日本料理ひと筋の生粋の職人で,日本全国の吟味した素材を季節に合わせて最も美味しいタイミングで調理した愛情たっぷりの和食は,早くも多くのお客さんに支持されています。

「白金台こばやし」
地下鉄白金台駅(東京メトロ南北線,都営三田線)から徒歩 15 分ほどのところにあります。
店頭 13_edit

店頭 15_edit

店内 1_edit

「養老豆腐,車海老,ミニオクラ」
山芋を使った料理を ‟養老” といいます。養老豆腐とは,すりおろした山芋に寒天を加えて冷やし固めたものです。
養老豆腐,車海老,ミニオクラ 3_edit

「八寸」
岩もずく,秋田・みずなとシメジ,鱧の子・百合根の玉〆,泡麩田楽,鰻の山椒醤油焼き,白瓜の雷干し,無花果のゴマソースがけ,クルミの甘露煮,満月南瓜,山形・だだちゃ豆,鹿肉のロースト,玉子カステラ
八寸 1_edit

八寸 2_edit

八寸 4_edit

萩真薯のお椀
真薯の中で黒くみえているものは小豆です。輪柚子,蓮芋,じゅんさいソーメンが添えられています。
萩の真薯,輪柚子,蓮芋,じゅんさいソーメンのお椀 3_edit

「お造り」
穴子の焼き霜造りです。
お造り(穴子の焼き霜造り) 2_edit

ノドグロの炙りです。自家製ポン酢と一緒にいただきます。
お造り(ノドグロの炙り) 3_edit

秋刀魚のとも和えです。秋刀魚のわた(肝)と一緒に和えています。
お造り(秋刀魚のとも和え) 3_edit

宍粟牛と唐津・赤ウニの手巻き寿司
宍粟(しそう)牛とは店主の出身地である兵庫県宍粟市の和牛で,但馬牛の血統を受け継いだ純正の黒毛和牛です。契約牧場で 3 年余り特製飼料で肥育されたこだわりの宍粟牛をウニと合わせたお寿司は,この店のスペシャリテとも呼べる一品です。
宍粟牛と唐津・赤ウニの手巻き寿司 3_edit

鮎の変わり焼き
鮎には蓼酢がかかっています。鮎は骨まで軟らかくなっており,丸ごと食べても全く骨を感じさせません。アボガドの照り焼き,味噌につけこんだチーズ,酢れんこん,きのこの佃煮が一緒に添えられています。
鮎の変わり焼き 1_edit

鮎の変わり焼き 5_edit

淡路のそうめん,すだちあんかけ
淡路のそうめん,すだちあんかけ 4_edit

淡路のそうめん,すだちあんかけ 2_edit

揚げアワビ,トウモロコシの春巻き
揚げアワビは 2 種類のソース(ピリ辛ソースと鮑の肝ソース)でいただきます。
揚げアワビ,トウモロコシの春巻き 2_edit

「焼き茄子,身欠き鰊,白ずいき,京水菜」
焼き茄子,身欠き鰊,白ずいき,京水菜 2_edit

焼き茄子,身欠き鰊,白ずいき,京水菜 1_edit

「とうもろこしご飯」
女将さんの地元の北海道から届いたとうもろこしを土鍋で炊いたとうもろこしご飯です。
とうもろこしご飯 1_edit

とうもろこしご飯 2_edit

「香の物」
香の物 2_edit

「赤だし」
赤だし_edit

「甘味」
水羊羹,スイカゼリー,わらび餅アイスです。
甘味(水羊羹,スイカのゼリー) 1_edit

甘味(水羊羹)_edit

スイカの種のようにみえるのは,ドライブルーベリーです。
甘味(スイカのゼリー)_edit

わらび餅は練りたてで,中には自家製アイスが入っています。
甘味(わらび餅アイス) 1_edit

店内 5_edit

東京都港区白金台 5-11-3 バルビゾン91 102