川越大師の別名で知られる「喜多院」は,平安初期の天長 7 年(830 年)に慈覚大師が創建した天台宗の名刹で,正式には星野山無量寿寺喜多院といいます。江戸時代初期,徳川家康の信任を得ていた名僧・天海僧正が第 27 世住職になると,幕府からの厚い庇護を受け,江戸城から徳川家光やその乳母・春日局ゆかりの建物が移築されました。

「川越大師 喜多院」
社号標 1_edit

喜多院 1_edit

「多宝塔」
多宝塔 2_edit

「庫裡・寺務所」
庫裡・寺務所 5_edit

庫裡・寺務所 2_edit

庫裡・寺務所 4_edit

「天海僧正お手植の槇」
天海僧正お手植の槇 1_edit

「大黒天」
大黒天 1_edit

「手水舎」
手水舎 2_edit

「慈恵堂」
慈恵堂 2_edit

慈恵堂 6_edit

慈恵堂 8_edit

「常香炉」
常香炉_edit

「境内おみやげ品店」
境内おみやげ品店_edit

「太子堂」
太子堂 2_edit

太子堂 3_edit

「五百羅漢尊」
こちらの五百羅漢は日本三大羅漢の一つに数えられています。人間の喜怒哀楽をよくとらえた様々な表情の石仏およそ540体が並びます。
五百羅漢尊 2_edit

五百羅漢尊 3_edit

「山門・番所」
山門・番所 3_edit

「山門」
山門 2_edit

「白山権現」
白山権現 2_edit

「天海大僧正」
天海大僧正 1_edit

「鐘楼門」
鐘楼門 1_edit

鐘楼門 3_edit

「葵庭園」
葵庭園 1_edit

葵庭園 3_edit

「厳島神社」
厳島神社 1_edit

厳島神社 3_edit

「慈眼堂」
慈眼堂 1_edit

慈眼堂 3_edit

慈眼堂 5_edit

「喜多院歴代住職墓所」
喜多院歴代住職墓所 6_edit

喜多院歴代住職墓所 3_edit

喜多院歴代住職墓所 4_edit

喜多院歴代住職墓所 5_edit

「どろぼうばし」
どろぼうばし 3_edit

どろぼうばし 4_edit

どろぼうばしの由来_edit

埼玉県川越市小仙波町 1-20-1