2016年 1月から放送されている NHK大河ドラマ 『真田丸』 は,戦国時代の英雄的武将として広く知られる真田信繁(幸村)を主人公にした物語です。真田氏ゆかりの地でもある長野県上田市は,戦国時代に真田氏が築いた上田城を中心とする城下町の面影を残す歴史浪漫あふれる町です。東京からは北陸新幹線で約 1 時間 30 分で行くことができます。

「JR 上田駅」
駅舎には真田家の家紋として有名な六文銭の図柄が描かれています。
JR 上田駅 1_edit

JR 上田駅構内 2_edit

「JR 上田駅 お城口駅前」
JR 上田駅前 1_edit

駅前には水車が置かれています。
JR 上田駅前の水車_edit

「真田幸村公騎馬像」
真田幸村公騎馬像 2_edit

池波正太郎 真田太平記館
池波正太郎 真田太平記館 2_edit

「長野県上田高等学校」
1878年(明治11年)に創設された長野県上田高等学校は,上田藩の歴代藩主が構えていた居館跡地に建てられており,正門や堀,塀を併せて上田市文化財に指定されています。
上田藩主屋敷門と堀跡_edit

高校の正門(通称 “古城の門” )は上田藩主居館の表御門を継承しています。
正門(古城の門) 1_edit

学校は歴史を感じさせる塀で囲まれており,その周囲にはお堀も残されています。
お濠 5_edit

お濠越しに第2体育館を望む 6_edit

「柳町」
柳町はかつては北国街道の宿場町として栄え,柳の木が多くみられました。現在でも石畳の道路や白い土塀に格子戸のある家が軒を連ね,当時の面影が数多く残されています。
柳町のご案内_edit

スタジオケイナ_edit
 
石畳が敷かれ,長屋が軒を連ねる情緒ある街並みです。 
北国街道 3_edit

特徴的なのは卯建(うだつ)が設けられていることで,2 階の妻部に瓦を葺いた小壁が突き出しています。 
うだつ 1_edit

森文 3_edit

「上田市観光会館」
上田市観光会館_edit

観光会館の中にも真田幸村公像が置かれています。
上田市観光会館内の真田幸村公像 2_edit

長野県上田市