旧国鉄・手宮線は幌内鉄道の一部として,明治13年に小樽・手宮 ~ 札幌間を結ぶ北海道で最初の鉄道として開通しました。北海道開拓に重要な役割を担っていましたが,昭和60年11月に廃線となりました。跡地には当時の線路がそのまま残されており,歴史性の保全を重視しながら素朴な風景を演出したオープンスペースが整備されています。

「手宮線跡地」
旧国鉄手宮線 15_edit

旧国鉄手宮線 16_edit

線路脇は散歩が楽しめる遊歩道となっています。

旧国鉄手宮線 14_edit

旧国鉄手宮線 13_edit

旧国鉄手宮線 11_edit

DSC06215_edit

DSC06214_edit

DSC06213_edit

DSC06212_edit

DSC06211_edit

「色内驛跡地」
旧色内驛 1_edit

旧色内驛 2_edit

旧色内驛 3_edit

旧国鉄手宮線 8_edit

旧国鉄手宮線 6_edit

北海道小樽市色内 1 丁目13-1