京成本線佐倉駅から徒歩 10 分のところにある「甚大寺」は,天台宗比叡山・延暦寺の末寺で,佐倉藩主歴代・堀田家の菩提寺として知られています。元々は出羽国・山形に創建されましたが,山形藩主・堀田正亮が佐倉藩に移るのにともない現在の地に移されました。

「甚大寺」
甚大寺 1_edit

境内 6_edit

「毘沙門天」
毘沙門天_edit

「観音像」
観音像_edit

「本堂」
本堂 1_edit

本堂 9_edit

本堂 3_edit

本堂 4_edit

境内 5_edit

「佐倉城の城門にあった鯱」
佐倉城の城門にあった鯱_edit

境内 2_edit

「狛犬」
狛犬 1_edit

狛犬 3_edit

狛犬 4_edit

「堀田正睦公追遠之碑」
堀田正睦公追遠之碑 2_edit

「堀田正俊正睦正倫の墓」
堀田正俊・正睦・正倫墓_edit

「堀田家墓所案内図」
堀田家墓所案内図_edit

堀田家墓所 2_edit

堀田家墓所 3_edit

「堀田正恒の墓」
堀田正恒の墓 2_edit

「堀田正恒夫人・和子の墓」
堀田正恒夫人・和子の墓_edit

「堀田家累代の墓」
堀田家累代の墓 1_edit

「松平幾千子の墓」
松平幾千子の墓 1_edit

「堀田伴子の墓」
堀田伴子の墓 2_edit

「堀田正俊の墓」
堀田正俊の墓 2_edit
 
「堀田正倫の墓」
堀田正倫の墓 3_edit

「堀田正睦の墓」
堀田正睦の墓 2_edit

「御名刺受」
御名刺受_edit

境内 3_edit

千葉県佐倉市新町 78