景色・眺めを意味する「view (ビュー)」と魚の「うお」から命名された沼津港大型展望水門『びゅうお』は,沼津港の内港と外港を結ぶ航路から進入する津波を防ぐために作られた水門です。津波をシャットアウトする扉体(ひたい)は幅 40 m,高さ 9.3 m,重さ 406 t と日本最大級で,その高さを生かして展望施設が併設されています。

「沼津港大型展望水門 びゅうお」
びゅうお 11_edit

びゅうお 7_edit

両岸の機械室の周囲には展望回廊があります。
展望台 2_edit

展望台 37_edit

両側の展望回廊を幅 4 m,長さ 30 m の連絡橋がつないでいます。
展望台 11_edit

眼下には駿河湾が広がり,360 度の眺望を楽しむことができます。
展望台 5_edit

展望台 7_edit

展望台 16_edit

展望台 21_edit

展望台 36_edit

展望台 25_edit

展望台 28_edit

展望台 30_edit

静岡県沼津市本字千本 1905−27