長崎市の北に位置する浦上は,キリスト教の日本伝来よりカトリック信者の多い土地でした。長崎電気軌道松山町電停から徒歩10分ほどのところに「浦上天主堂」があります。1945年8月9日の長崎への原爆投下により,爆心地の至近距離に在った浦上天主堂はほぼ原形を留めぬまでに破壊されましたが,1959年に往時の姿のまま再建されました。原爆で破壊された廃墟の一部は平和公園内に移設され,原爆遺構として保存されています。

「浦上天主堂」
浦上天主堂 2_edit

浦上天主堂 26_edit

浦上天主堂 14_edit

浦上天主堂 10_edit

「日本の信徒発見150周年記念『旅』殉教への門出」
日本の信徒発見150周年記念『旅』殉教への門出_edit

「悲しみの聖母マリア像」
悲しみの聖母マリア像_edit

「教皇ヨハネ・パウロ二世」
教皇ヨハネ・パウロ二世_edit

「使徒聖ヨハネ像」
使徒聖ヨハネ像_edit

「十字架のキリスト」
十字架のキリスト_edit

「被爆した聖人の石造遺構」
被爆した聖人の石造遺構 2_edit

被爆した聖人の石造遺構 4_edit

「浦上天主堂旧鐘楼」
原爆によって吹き飛ばされた天主堂の鐘楼の一部が現在でも現地で保存されています。これは,被爆時のままに保存されている唯一の旧天主堂本体の遺構だそうです。
浦上天主堂旧鐘楼 2_edit

「拷問石」
拷問石 2_edit

「浦上教会売店」
浦上教会売店 2_edit

浦上教会売店の前のマリア像 1_edit

浦上天主堂 30_edit

「カトリック長崎大司教館」
カトリック長崎大司教館_edit

長崎県長崎市本尾町 1-79