東京メトロ銀座線三越前駅から歩いて 2 分ほどのビルの地下に,フランス語で「平和」を意味する人気のフレンチレストラン「ラペ La Paix」があります。シェフの松本一平氏はベルギーの一つ星レストランで修業し,帰国後は日本橋の「オーグードゥ ジュール メルヴェイユ」で長年腕をふるっていた方です。

「ラペ La Paix」
店頭 11_edit

テーブルセッティング_edit

「アミューズ」
左は白レバーのテリーヌを竹炭を練り込んだチュイールではさんだもの,右はセップ茸のファーブルトンです。下には本物の竹炭が敷かれています。
白レバーのテリーヌとセップ茸のファーブルトン_edit
 
白レバーのテリーヌ 4_edit

「うなぎパイ」
赤ワインでじっくり煮込んだ鰻をデニッシュ生地と合わせています。
うなぎパイ 2_edit

「秋刀魚,ナス」
ナスのヴルーテの上に,生姜や香草でマリネした秋刀魚,ウニ,赤玉ねぎのピクルスが添えられています。白い泡状のものは,リンゴのヌーべです。 
秋刀魚のマリネ,ナスのヴルーテ,ウニ,赤玉ねぎのピクルス 3_edit

「パン」
パン 1_edit

フォカッチャ 1_edit

レモンジンジャーを練りこんだフロマージュブランとバターが添えられます。
バターとフロマージュブラン 2_edit

「シロイカ,ジロール茸」
シロイカとジロール茸をイカスミで和えたものに,根セロリのムース,ウズラの卵のポーチドエッグ,竹炭を練り込んだクルトンが添えられ,さらに上からはトリュフがたっぷりとかかっています。
シロイカ 4_edit - コピー

「ブーダンノワール,ブドウ(ピオーネ)」
ピオーネの上にはビーツがのっており,ビーツのパウダー,バルサミコ酢,パンデピスのクルトンが添えられています。
ブーダンノワール,ピオーネ 1_edit

ブーダンノワール,ピオーネ 5_edit

「アカザエビのベニエ,ソース・ショロン」
アカザエビのベニエ 1_edit


「おかしなフォアグラ
ランド産フォアグラのテリーヌにいぶりがっこ,柚子のジャムを合わせたものを,カカオのゴーフルではさんでお菓子仕立てにしています。イチジクと一緒にいただきます。
おかしなフォアグラ 1_edit

おかしなフォアグラ 2_edit

「鱧のロワイヤル」
鱧のフランに角切りのカブと松茸,表面を炙った鱧を合わせ,鱧の骨からとったスープとコンソメを入れて全体を蒸しています。まるで洋風の茶碗蒸しのようです。
鱧のロワイヤル 2_edit

鱧のロワイヤル 4_edit

「ハタのライスペーパー包みのフリット」
上にのっている葉はナスタチウムの葉で,2 種類のソース(カボチャのソースとアリオリソース)が添えられています。
ハタのライスペーパー包みのフリット 1_edit

「アワビ,椎茸」
蒸しアワビと原木椎茸に,芽ネギと 3 種類のソース(アワビの肝ソース,椎茸のソース,九条ネギのソース)が添えられています。
アワビ,椎茸 1_edit

アワビ,椎茸 4_edit

「キントア豚,わさび」
キントア豚とはフランス・バスク地方のバスク種の豚で,バスク豚とも呼ばれています。豚のミンチ肉を詰めた赤万願寺とうがらしが添えられ,その下にはワサビ菜をすりおろしたワサビソースが敷かれています。
キントア豚 1_edit

キントア豚 2_edit

「ビーフストロガノフ」
ビーフストロガノフ 4_edit

韃靼そば茶のブラマンジェ,ゲランド塩のアイス
オリーブオイルがかかっています。
韃靼そば茶のブラマンジェ,ゲランド塩のアイス 3_edit

「究極のロールケーキ」
那須御養卵と発酵クリームを使ったロールケーキです。ヨーグルトのシャーベットとキウイが添えられています。
究極のロールケーキ 2_edit

究極のロールケーキ 5_edit

「抹茶のムース」
抹茶のムース 4_edit

抹茶のムース 2_edit

「コーヒー」
コーヒー 2_edit

「ほうじ茶」
ほうじ茶_edit

【これまでの訪問履歴】


東京都中央区日本橋室町 1-9-4 B1F