2015年2月,宮益坂を上がって渋谷の喧騒から少し離れた青山通りの裏手に,新進気鋭の若き寿司職人によるお店「くろ崎」がオープンしました。店主の黒崎一希氏は35歳の若さながら,その卓越したセンスと緻密で繊細な仕事は高い評価を得ており,オープンしてまだ半年ながら早くも連日多くの客で賑わっています。

「くろ崎」
店頭 1_edit

「もずくとジュンサイ,毛ガニの酢の物」
もずくは山口県・下関産の天然もずく,ジュンサイは秋田県産,毛ガニは北海道産です。
もずくとジュンサイ,毛ガニの酢の物_edit

「マコガレイの薄造り」
千葉県・銚子産のマコガレイは,エンガワも一緒に添えられています。
マコガレイ 2_edit

マコガレイ 3_edit

「タコ」
神奈川県・佐島の地ダコです。
タコ_edit

「赤ウニ」
佐賀県・唐津産の赤ウニです。
赤ウニ 1_edit

「鮑」
千葉県・大原産の黒鮑です。
鮑 1_edit

鮑の肝醤油でいただきます。
鮑の肝醤油_edit

残った肝醤油は,酢飯を加えて肝醤油ごはんとしていただきました。
鮑の肝醤油ごはん_edit

「ガリ」
味付けは辛めです。
ガリ_edit

「鯛」
兵庫県・淡路産の鯛です。
鯛_edit

「鰯の炭焼き」
北海道・根室産の鰯です。
鰯の炭焼き 2_edit

「本ミル貝」
愛知県伊良湖岬で獲れたものです。
本ミル貝_edit

「鯵」
鹿児島県・出水産の鯵です。上に芽ネギをたたいてしょうが汁と合わせたものがのっています。
鯵 2_edit

「だだちゃ豆」
山形県産のだだちゃ豆です。
だだちゃ豆_edit

「イクラごはん」
イクラごはん 1_edit

「秋刀魚」
上には肝ソースが添えられており,その結果さらに味が深くなっています。
秋刀魚 2_edit

「石垣貝の串焼き」
石垣貝は別名エゾイシカゲガイとも呼ばれています。形はトリガイに似ていて,身は少し黄色味がかっています。
石垣貝の串焼き 2_edit

「車海老」
大分県産の天然車海老です。
車海老 2_edit

「マグロの赤身」
青森県・三厩産のマグロです。
マグロの赤身_edit

「マグロの背トロ」
北海道・松前産のマグロです。
マグロの背トロ_edit

「ムラサキウニ」
北海道産のムラサキウニです。
ムラサキウニ 1_edit

「鱧の茶碗蒸し」
兵庫県・淡路産の鱧の頭や骨などからとった出汁で作った茶碗蒸しです。
鱧の茶碗蒸し 2_edit

「シンコ」
夏の限られた時期にだけいただける「コノシロ」の幼魚です。もう少し成長して大きくなると「コハダ」になり,その後「ナカズミ」「コノシロ」と成長とともに名前が変わっていきます。
シンコ 1_edit

「メヒカリの焼き物」
愛知県産のメヒカリです。
メヒカリの焼き物 2_edit

「金目鯛」
2 週間熟成させた金目鯛です。
金目鯛_edit

「金時草のおひたし」
金時草のおひたし 2_edit

「鯖」
兵庫県・淡路産の鯖です。ワサビの代わりにかんずり(新潟県の辛味調味料)を挟み,上には白板昆布をのせています。
鯖 2_edit

「穴子」
長崎県・対馬産の穴子です。
穴子 1_edit

「アサリとシジミの出汁スープ」
塩などは一切加えず,貝のみでとったスープです。
アサリとシジミの出汁スープ_edit

「かんぴょう巻き (手巻き)」
かんぴょうは栃木県産,海苔は佐賀県産です。
かんぴょう巻き_edit

「玉子」
玉子 2_edit

東京都渋谷区渋谷 1-5-9

くろ﨑寿司 / 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅
夜総合点-