2014年 6月30日,東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅から歩いて 4 分ほど,JR 中央本線四ツ谷駅から歩いて 10 分ほどの食の名店ひしめく四谷・荒木町に,新進気鋭のお寿司屋さん 「鮨わたなべ」 がオープンしました。店主の渡邉匡康氏は京都の高級料亭「岡崎つる家」の出身で,全国から取り寄せた良質で希少な魚に,和食の経験を活かした丁寧な仕事を施した極上のお寿司を堪能することができます。

「鮨わたなべ」
店頭 3_edit

「ジュンサイと子持ち昆布」
三杯酢とあわせています。
ジュンサイと子持ち昆布_edit

「茶豆」
表面を炙ってあります。
茶豆_edit

「イサキとホシガレイ」
イサキは愛媛産,ホシガレイは宮城県・気仙沼産です。
ホシガレイとイサキ 2_edit

「シマアジとヒラアジ」
ヒラアジとシマアジ_edit

「ボタンエビ」
富山県産のボタンエビです。
ボタンエビ_edit

ボタンエビのミソの部分は別に炙ってもらいます。
ボタンエビの頭_edit

「渡り蟹」
宮城県産の渡り蟹を蒸したものです。
渡り蟹_edit

「生トリガイ」
愛知県産の生のトリガイは表面を軽く炙ってあります。
生トリガイ 1_edit

生トリガイ 2_edit

「ナガスクジラの尾の身」
クジラの尾の身には霜降りがたっぷり入っており,マグロの大トロのような食感です。
ナガスクジラの尾の身_edit

「生ガキ」
長崎県・小長井産の生ガキです。
生ガキ_edit

「のどぐろの燻製焼き」
ノドグロの燻製焼き 2_edit

「タコの桜煮」
岡山県・下津井産のタコです。
タコの桜煮_edit

「蒸しアワビ」
千葉県・千倉産の黒アワビです。
蒸しアワビ 1_edit

「ナガラミ」
千葉県産のナガラミです。
ナガラミ 3_edit

「茶碗蒸し」
上にはウニがたっぷりとのっています。
茶碗蒸し_edit

「水ナス」
福井県産の国産和がらしが添えられています。
水ナス 2_edit

「ガリ」
甘めと辛めの 2 種類のガリが用意されています。
ガリ_edit

「キスの昆布締め」
千葉県・富津産のキスです。
キスの昆布締め_edit

「鯵」
鹿児島県・出水産の鯵です。しっかりと脂がのっています。
鯵_edit

「金樽イワシ」
京都府・丹後で獲れるマイワシです。その昔,天橋立近くの海で黄金の酒樽を舟に乗せて酒盛りをしている際,誤って酒樽を海へ落としてしまい,それを網で引き上げようとしたところ黄金に輝くイワシが大漁に獲れたそうです。そのイワシが大変おいしかったことから,この海で獲れるマイワシは「金樽(きんたる)イワシ」と呼ばれるようになったとのことです。
金樽イワシ_edit

「シロイカ」
玄界灘・鐘崎のシロイカ(剣先イカ)です。
シロイカ_edit

「赤貝」
宮城県・閖上産の赤貝です。
赤貝_edit

「コハダ」
コハダ_edit

「中トロ」
青森県・深浦産のマグロです。
マグロ_edit

「金目鯛」
表面を軽く炙っています。
金目鯛_edit

「ウニの四種盛り」
このお店のスペシャリテとも呼ぶべき一品です。左上から時計回りに「北海道・礼文島」「岩手県・山田湾」「大分県・佐伯」「佐賀県・唐津」のウニです。
ウニの四種盛り 2_edit

「玉子」
玉子 2_edit

「穴子」
羽田沖で獲れた江戸前の穴子です。中には実山椒が忍ばせてあります。
穴子_edit

「かんぴょう巻き」
かんぴょう巻き_edit

「コチのお吸い物」
さわやかな青柚子を中に散らしています。
コチのお吸い物_edit

東京都新宿区荒木町 7 三番館 1F

鮨わたなべ寿司 / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅
夜総合点-